11
TOP IMAGE
http://petitchocolat1204.blog.fc2.com/

2017-11

Paccheri(パッケリ)

 まだ10月なのに寒いですね!雨も降っていたためか爽やかな秋というよりは冬が先に来てしまったかのような…。皆様、体調にはお気を付けくださいね。さてすっかりブログの更新が遅れましたが、10月は秋限定のリクエストレッスンも始まっております。パン作りには良い季節ですねを。美味しい楽しいレッスンを心掛けて頑張ります!
先日「Paccheri(パッケリ)」という種類のパスタを調理してみました。
大きな筒状のナポリのパスタです。中に詰め物をして食べることもあるそうです。

ボロネーゼソースにも合うというので赤ワインを使ってこっくりとしたボロネーゼを作って合わせてみました。このソースにはセロリが隠し味で必須です。パンチェッタは無かったので生ハムで代用して挽肉に少し加えています。

またこのパスタは茹でるとさらにボリュームも出て、ラザニアが大きな筒状になったような形と食感でとても美味しくて食べ応えがあります。ちょっと寒くなってきたのでこの季節は他にもちょっとコクのあるソースのパスタ&ワインで秋の夕食を楽しもうと思います。もちろん秋の味覚のパンもたくさん焼きますよ!
    paccheri.jpg pasta_2017101921594550d.jpg 

SHAKE SHACK&ボストン美術館展

 8月のある日、家族に誘われて久しぶりに外でハンバーガーを食べました。

大人になるとあまりハンバーガーは食べなくなりますが、外苑に1年半くらい前にオープンしたN.Y発のハンバーガー店「SHAKE SHACK(シェーク・シャック)」というお店に行ってみました。私が行ったのは去年にオープンした有楽町の国際フォーラム店の方です。

最近ハンバーガー屋さんには行かないですし、あまり興味が無かったので全く知らなかったのですが有名なお店だそうで2号店も出来ていたんですね。。子供や夫の方が詳しかったのでビックリしました。オープンしたての頃は2時間ほど待って並んだらしいのですが、今はそれほどでもなく15分ほどで買うことができました。

なんでもホルモン剤を全く使用していないアンガスビーフのパティを使用しているそうです。(健康志向?)ハワイのある有名なハンバーガーのお店のようにすごくボリューミーだったらどうしよう~とドキドキしましたが、出てきたら拍子抜けというか、私が想像していた程大きすぎなかったので安心しました。(日本人向けの大きさなのか、そこはちょっとわかりません。本場のN.Yではどうなんでしょうね!)

チーズバーガーにスモークベーコン、チェリーペッパーが挟んであるものを頼みました。お肉もしっかりした味の厚みのあるパティで、ジューシーでした。私はレモネードを飲みましたが酸味がとても好みでした!(レモン大好きです)
あとはチーズをかけたポテトも頼んでみました。外のお席で久しぶりにハンバーガーを食べましたがここのは、思いの他、重すぎず美味しくいただきました。お店のインテリアもちょっとお洒落で落ち着いた感じ、お客様もほとんど大人の方ばかりで外国の方も多いです。お店のオリジナルグッズも販売しています。もしご興味がある方一度行ってみてはいかがでしょうか。
shakeshack_20170906223654d1f.jpg burger_20170906223657c2b.jpg 


夏場の日中は暑いし行くだけで暑くて無理!と思っていた美術館ですが、ある8月の金曜日の夜は21時まで開館していたので夕方に出かけて来ました。上野の東京都美術館で楽しみにしていた「ボストン美術館の至宝展」です。(10月9日まで)18時頃美術館に入りましたがすごく空いていてゆっくりと鑑賞することが出来ました。日本美術の中では喜多川歌麿の他にも、「英一蝶(はなぶさいっちょう)」の「涅槃図(ねはんず)」は、本当に貴重な作品で大きさに圧倒されます。この「涅槃図」の絵に関しては美術館でもお知らせしていたのですが、9月9日(土)夜にテレビ東京の「美の巨人たち」という番組でも特集があるそうなので、きっとそこでも詳しく知ることができるかも知れません。

他にフランス絵画のコーナーもミレー、ドガ、ピサロ、セザンヌ、モネ、ゴッホなど盛り沢山です。またアメリカ絵画や古代エジプト美術まで見応えたっぷりでした。

今回、絵画の写真は一切撮影できなかったので、美術館前と中で撮影しました。(ゴッホの作品「郵便配達人」とその奥様の絵)夜の美術館は入館も退館も遅い時間になってくるためとても空いていて、特に車椅子の方々にはとても見やすそうでした。私がちょうどモネの睡蓮の絵の前に来た時、偶然に私以外誰もいなくて、一時でしたがまるで貸し切りのような贅沢な時間を過ごしました。(こんなことは本当に滅多にないです)

また夜の時間の美術鑑賞に出かけようと思います。

さてまだ9月ですが、12月の特別レッスンの試作がほぼ終わりました。クリスマスらしいレッスンを考えています。
また以前行った特別レッスンに関しても一部リクエストがありましたので、こちらは希望者を募りましてのレッスンを予定しております。詳細はまた追ってお知らせいたしますので少々お待ちくださいませ。今月&10月のご予約もまだ募集中ですのでぜひご予約をお待ちしております。

    bostonueno_2017090622365873a.jpg  bostonueno1_20170906223700147.jpg

チェリーのコンポート

7月&8月のお菓子レッスンでは、ご試食のケーキと共にヨーグルトにアメリカンチェリーのコンポートをのせてお出ししました所、レシピの質問がありましたので、クスパのレシピページに覚書として載せました。

もうチェリーの時期はすでに終わってしまいましたが、また来年の春になりたくさん旬の美味しいチェリーが出回りましたらぜひお試しください。とっても美味しくて簡単です!お料理検索サイトの「クスパ」の教室のレシピページはこちらです。



    cherry1.jpg cherry2.jpg
左:ドイツ製のサクランボの種取り器(手動)これが本当に優れものです!バチッという音と共に一発で種が取れて楽ですよ!その際に赤い果汁があちこちに飛び散ります!白い洋服では絶対にやらない事です。。
右:ドイツのキルシュというサクランボのお酒です。可愛いボトルです。これにブランデーを足してコンポートを作ります。ブランデーは無くてもできますが香りが格段に変わってきますので私は加えています。
    cherry.jpg   cherry6_2017070600035657b.jpg 
左:煮詰めて煮汁が少し減ったらできあがり。綺麗に丸い形が残っています。混ぜ過ぎ注意です。
右:これは最後に余った分を瓶に入れたのでやや少ない量ですが、もっと瓶の淵まで入れて大丈夫です。綺麗に汁を拭き取って密閉します。
    
cherry5.jpg  cherry4.jpg 
左:バゲットに右のバターとできあがったコンポートをのせて。甘酸っぱい爽やかな風味が口の中に広がります。
右:近所のお店で珍しいイタリア産水牛のバターを見つけました。すっと口どけが良い軽くフレッシュな風味で美味しいです。
    
cherry6.jpg  cherry7 
左:プレーンヨーグルトにチェリーコンポートをかけていただきます。コンポートの煮汁もかけるとより美味しいです。
右:コンポートの煮汁を水や炭酸水で割るとエードという飲み物になります。私はアップルパイ用に煮た煮汁でもよくこの飲み物を作ります。(その場合アップルエードとなります)瓶に入らなかった余った煮汁の楽しみ方です。
           手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

お土産のクッキー

お陰様で8月のコラボのお菓子レッスンは無事に終了しまして、とてもご好評をいただきました。ご参加の皆様本当にありがとうございました。初めての試みでちょっと不安もありましたが、皆様にとても喜んでいただき良かったです。

最後のレッスンはまさかのハプニングがありました。冷蔵庫に入れていた材料の一部’(ラム酒&生クリーム)を入れ忘れたため、急いでデモのやり直しに。。これは今回のレッスンで私達講師が本当に反省するべき点でした。慣れてきた頃に失敗ありです。必ず材料の確認をしてから始めること。とても大事なことです。

そして材料が欠けたものはすでに型に入れてしまったのでそのまま焼き上げて、本来のものと食べ比べをしていただきました。材料の欠けたものはふんわりとボリュームが出て素朴なカステラのような食感になりました。(決してまずくはなく素朴な感じでした)そして本来のものはやはりしっとりして風味も全然違いました。

皆様も作り始める前には必ず材料を確認しましょう!(猛反省!)最後のレッスンにご参加の皆様、申し訳ございませんでした。本当に大変失礼いたしました!また初めての2人でのレッスンで、いつもといろいろと違いまして至らない点もあったかと思いますが、みなさま本当にありがとうございました。またぜひ美味しくて楽しいコラボレッスンを企画してみたいと思います。

    
wakanasan.jpg  wakanasan1_201708292156569f5.jpg 
「今回初めてのお菓子レッスンだったので焼いてきました!」とWakana先生が毎回ご参加の生徒様の為に手焼きのクッキーをラッピングして持参してくださいました。ご参加の皆様にお土産としてお渡ししました。夏場で湿度が高いからと毎回いろいろと配合を変えて作ってくださる先生…研究熱心で本当に頭が下がります。

私にもお土産にと持って来てくださいました。手づくりのクッキーは、とても美味しくほんわかした気持ちになりました!先生ありがとうございました。そしてパンもお菓子もやはり何回か作ってみることや練習が大事です。何度かやってみると手順もスムーズになるはすです。ぜひまたご自宅でも作ってみてくださいね。

           
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

美味しいものいろいろ

少し涼しいお盆休みでしたが、皆様はいかがお過ごしでしたか?
お盆中もレッスン日はありましたが、わざわざいらしてくださった生徒様、ありがとうございました!パンを焼きながら少しでも楽しい休暇としてお過ごしいただけたのならとても嬉しいです。



さて、普段いろいろな方やお友達から美味しいお土産やおススメのギフトをいただいておりまして写真を撮ったままでしたのでご紹介したいと思います。世の中にはまだまだ知らない美味しいものがたくさんあるのですね~!食いしん坊の私は興味がつきません。本当にありがとうございます!美味しくいただいています!
     chocolat.jpg  utunomiya.jpg   
左:自由が丘にあるチョコレートショップ「マジドゥショコラ」のビターオレンジとピスタチオのチョコレートどちらも大人向けな美味しさです。パッケージも素敵ですね。冷蔵庫で冷やしておいていただく少し前に常温に戻して食べるとより美味しくて気に入っています。甘さも控えめで美味しい…幸せです!

右:いただいた時に「え~!」と叫んでしまった「ご飯にかけるギョーザ」。初めて見ました。でもさすが餃子の街、宇都宮の逸品です。そのままご飯にかけても良し。あとはラーメン、うどん、野菜炒めや冷や奴(これもおススメです)またギョーザのたれとしても良いそうです。ダブル餃子で楽しむのも良いなんて。これは、かなりはまります!
     
balsamicobianco1.jpg  dorce.jpg 
左:イタリアのモデナのホワイトバルサミコ。ホワイトの方はフルーティなのでドレッシングやカルパッチョにも良いです。パンもお菓子も何でも得意というこのバルサミコをくれたお友達は野菜などのマリネもおススメと教えてくれました!エミリアロマーナ州のモデナはバルサミコで有名です。贅沢で美味しいバルサミコ酢です。さて、ドレッシンをグ作るのが面倒な方は…
オリーブオイル→バルサミコ酢(ワインビネガーでもOK)→塩、こしょうの順番に好みの量を適量かけて野菜を大きく混ぜるだけの簡単な食べ方がおすすめです。これは以前、旅行した時にスペインのバル巡りで現地のガイドさんが教えてくれた本当にシンプルな美味しい食べ方で、かける量も目分量!大ざっぱですが美味しく食べられます。

右:イタリアのシチリア島に一足早いバカンスに行ってきたという方からのお土産です。(本当に羨ましい!)シチリアの見どころや楽しい旅行のお話を聞いた後にこのシチリア産のピスタチオやアーモンドがぎっしりのお菓子をいただきました!とっても美味しいです。私はピスタチオは大好きですがシチリア産のこのピスタチオは綺麗なグリーンで味も濃いような気がします。珍しいお菓子は濃いめのコーヒーと頂きました!

 
   
pasta1.jpg pasta.jpg
左:GWやお盆は混雑するので最近はほとんど出かけません。特に今年のお盆は家庭の事情で遠くに出かけることができなかったのですが、それでも2日間はお墓参りに費やしました。(日帰りできるのです)

パンも家族が食べる分と実家に届ける分位はほどほどに焼きました。あとは余りがちなセモリナ粉を使って生パスタ作りをしました!ショートパスタはパスタマシーンも出さずにできるので気が楽です。左写真の上のものは細長いリグーリア州のパスタ、下はもっと大きめのサイズのカンパーナ州のパスタ。どちらも卵は使わず冷凍もできるので時間がある日に2種類を頑張って少し多めに作りました。

もっちりしっかりした食感で小麦の味がダイレクトに出て美味しいです。私は簡単にトマトと玉ねぎとニンニクで作るシンプルなトマトソースをからめていただきました。生パスタも冷凍しておくとやる気になれない夏のランチにささっとできるので嬉しいです


             手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

「ウイークエンド・シトロン」レッスンレポート

 今日は朝から久々の雨でした。ずっと厳しい夏日が続いていたので少し暑さも和らいでホッとしています。
今月はお菓子のコラボレッスンも始まり大忙しでブログもままならず、久々の更新となってしまいました。お菓子レッスンの「ウイークエンド」、今月分は終了しました。今日は途中経過のレポートですが、皆様に大好評でとても喜んでいただいております。

工程はさほど難しいという訳ではないのですが、パンと違って発酵もないため休む時間はあまり無く意外に忙しいレッスンです。Wakana先生のデモレッスンと並行しているのと、他にちょこちょことやることが多い為です。初めは皆さんと先生も初対面ということもありましてやや緊張の面持ちでしたが、徐々に和やかになり時折笑い声も!先生もとても優しくわかりやすい説明で、アシスタントの私も横でなるほど~と改めて勉強させていただいております。8月のレッスンも楽しみです。

8月20日(日)11:30~はまだ残席がございます。美味しい爽やかなレモンのパウンドケーキ、ちょっとしたコツを学んでいただきぜひご家庭でも美味しく作っていただきたいです。20日は8月最終回のコラボレッスンですので、迷っていらっしゃる方はぜひご参加をお待ちしております!


左:レッスン風景 右:お菓子のレッスンのご試食はデザートプレートに仕上げています!
 
  weekendlesson1.jpg  weekenddemo.jpg 
             手作りパン教室「Petit Chocolat」 

6月の手仕事と保存食:「しそジュース」他

7月になりました!1年も半分終わりなんですね。
大人になるとどんどん時間があっというまに過ぎていくような気がします。 

6月のレッスンにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!
通常ですと月末から月初に翌々月のスケジュールを更新するのですが、すでに8月のスケジュールは更新済みですので今回のメルマガはお休みになります。お菓子のコラボレッスンもお陰様で7月初日は満席となりました。他残席のある日がまだございます。教室が初めての方も参加可能です。ぜひご友人などとご一緒のご参加もおススメです。

なお特別レッスンの「カレーパン」のレッスンをお申込みで復習用のカレーフィリング購入をご希望の方は今月10日までにお知らせくださいませ。

8月のレッスンはまだ残席もございます。レッスンは定員2名様になりますと開講確定となります。同じ生地で甘い揚げドーナツも作れますのでご自宅でもお試しいただけると幸いです!どちらも作り立てはもちろん絶品でぜひ食べていただきたいパンです。

************************************************

6月はいろいろな保存食作りをしました。去年は学校に通うことで頭がいっぱいでしたが今年はちょっと気持ちに余裕ができました。
初めは「らっきょう」を漬けました。らっきょうはもう食べられます。そのあとは「しそジュース」と「梅シロップ」、そして最後は「ブラックチェリーのコンポート」を作りました。

「しそジュース」はもうできあがって飲めますので、7月に受講していただく皆様にはレッスン中にファーストドリンクとして召し上がっていただこう思っています。8月はもしかしたら「梅シロップジュース」になるかもしれません。やはり暑い中にいらしていただくのでいつもの紅茶以外にさっぱりしたジュースをお楽しみいただこうと考えてい
ます。過去の関連ブログはこちらから
    rakkyou2017.jpg  shisoandume.jpg 
左:「らっきょう」こちらも割と早く漬かります。右:手前は「しそジュース」奥が「梅シロップ」梅の方は完成まで1か月ほどかかります。どちらも水や炭酸水で割っていただきます。  
    
cherry6_2017070600035657b.jpg   cherry6.jpg 
左:「アメリカンチェリーのコンポート」短時間でできます。リキュールとレモンが味の決め手ですがリキュールは煮ていくうちにアルコールが飛ぶので思ったよりお酒っぽくはありません。私は最後にも軽くリキュールを加えてちょっと大人味に仕上げています。
右:コンポートを添えたヨーグルトも美味しいです。大粒のチェリーが柔らかく香り豊かです。国産のさくらんぼは品種のせいか生食が合うような気がします。しかも高価ですしいつも新鮮なうちに食べきってしまいます。
またコンポートについては他にも写真があるので後日も続きを書く予定です。

追記:7月のレッスン初日で「赤しそジュース」がとても好評でしたのでクスパの教室ページのレシピに載せました!そこから印刷できますので、ぜひお試しくださいませ。
            手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

紅茶と藻塩

今年は雨が少ない梅雨のようですね。
湿度が高いのも苦手で、この時期はなんだか憂鬱です。

さて7月のレッスンのご予約状況をお知らせします。現在残席がある日時のみ記載します。
(8月のレッスンもまだ残席がございますのでこちらも募集中です)

     2日(日)14:40~体験レッスン 募集中

  4日(火)「ポン・デ・ケージョ」(お子様OK)残席1
       
       14:30~体験レッスン 満席

 13日(木)11:30~「ウイークエンド・シトロン」(大人)満席

 18日(火)「牛乳ちぎりパン」(大人…お子様同伴も可) 残席1

 23日(日)11:30~「ウイークエンド・シトロン」(お子様OK) 残席2

もしご予約ご希望の方はご連絡をお待ちしております。

先日ギフトを頂戴しました。
スリランカの「Dilmah」のお紅茶…こちらはいろいろなフレーバーのティーバッグの詰め合わせでした!今ちょうどレモンの紅茶をいただきながらこのブログを書いています。柑橘系は爽やかで大好きです。昼間は冷たい紅茶も良いですが夜はホットティーが良いですね。体に負担も少なくてホカホカしています。

また新潟の「珠藻塩」…こちらは私の大好きな新潟の笹川流れの塩なのですが薪で煮詰めた手づくりの海水塩で手間がかかっているのです。海藻のエキスが含まれているので色がついていますがとっても美味しいお塩です。

本当にありがとうございました!

  tea.jpg  tamamoshio.jpg 
 
             rose1.jpg 
教室のベランダのバラも咲き切りました!今年は本当に元気に綺麗に咲きました。
          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)

あんずのパン

 今日は肌寒い1日でしたね。定期的に焼いたパンの写真の整理をしています。
下は今年の1月に習ったパンの写真です。フランスのライ麦の産地のオーベルニュ地方で食べられているそうです。

ドライアプリコット(あんず)を使用しますが、あんずはミキシング中に粉々になって一体化してしまうのでほとんど見えなくなります。見かけがとても固そうですが中はしっとりしていて1週間くらい美味しく食べられます。軽い杏の酸味も美味しくてオープンサンドを作ってみたら本当に美味しかったです。
ちょっと作るのにも手がかかり、こんな焼き色に出来るのは家庭のオーブンではまず無理なので幻のパンになりそうです。
     
tourteseigle.jpg  tourteseigle1.jpg 


ベランダの薔薇が咲きました!今年は去年より花が大きく咲きました。八重の花びらが綺麗で香りも癒されます。教室の洗面所に飾りました。2種類が咲きましたがもう少ししたらあと1種類も咲きそうです。初めは15㎝ほどの鉢植でしたが1つのバラは私の背を越しました。今年は虫もつかずに元気に咲いてくれたので本当に嬉しいです。
           
 roses.jpg 
           手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

あまりのスポンジで手抜きおやつ

 お元気ですか?まもなくGW、直前ですね。GW中も何回かレッスンを予定しています。
体験レッスンも追加開講してまだ残席もありますので、この機会にぜひ新しい事にチャレンジしてはいかがでしょうか?

先日、母の誕生日にショートケーキを作りました。ビスキュイ(スポンジ)を組み立てるときにカットした上下の生地が余りました。これを本当に手抜きにアレンジして自宅のデザートにしました。

手抜き過ぎるので、デザートというにはおこがましいのですが食後やおやつにもぴったりで家族にも好評でした。あまりお菓子系は得意でないので、できるだけ簡単に時短でできるものは気が楽でいいなと思います。

イメージは個々にサーブするとティラミスのような感じです。味のイメージはイギリスの「トライフル」のようにビスキュイを生クリームで交互にサンドします。(トライフルはカスタードも入れたりするそうですが今回はカット)
     
orange-oyatu.jpg orange-oyatu1.jpg 
作り方はこんな感じです。絞り袋もいりません!
①あまったスポンジを適当にちぎり、ガラスの器に敷き込みます。
②グラニュー糖を入れて泡立てた生クリームを①の上にのせて平らにして好みのフルーツをのせます。
③またちぎったスポンジをのせて…と①と②を繰り返して2段か3段にします。
④最後に残った生クリームをのせて上にフルーツ、トッピング(今回はムリーノビアンコのクオリチーニというチョコチップ入りのクッキーを粉々にしてふりかけただけです)、ミントの葉を飾ります。
⑤ラップをして冷蔵庫に入れて少なくても30分以上は落ち着かせます。
※スポンジと生クリームが馴染んで美味しくなります。
⑥大きなスプーンでお皿にサーブしていただきます。

とても簡単で、崩した?ショートケーキのようですが美味しいんですよ。
スポンジは別に市販のものでも、いただきもののカステラでも良いと思います。カステラ使用の場合は甘いので生クリームもお砂糖を減らし気味の方が良いと思います。フルーツは何でも!いちご、オレンジ、葡萄、桃、ブルーベリー、家にあるもので。


             green_20170427125928614.jpg
今年はまた自宅のベランダのハーブを増やすことにしました。バジルの他にパクチー、パセリ、ローズマリー、ミントが日なたでどんどん育っています。サラダやスープに大活躍です。ただうちのベランダは風がすごいんですよね。日によっては植木鉢の移動をしないとハーブがかわいそうで風の来ない場所に避難させたりしています。これが割とめんどくさい…。お庭のある方がちょっとうらやましいです。
           
 手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

明日葉&りんごジュース

先週は義父の再手術がありました。なんとか無事に終わりしばらく入院で経過をみることになっています。レッスンが少なくなってしまいご迷惑をおかけして申し訳ございません。病院も近くはない為、パンの学校も卒業していて本当に良かったと思います。

この1年で痛感したことですが、ただの習い事ではなく学校に通うということ…卒業しなくてはいけないので当然勉強や復習が必要になります。家族のこと家庭のことを含めて様々なことをやりくりしながら勉強するって本当に大変なんだなと思った1年でした。

そう考えると学生の頃は、なんと自由な時間の多かったことか。もちろん家の手伝い等もありましたが大人になってからと比べると自分自身のことをしても良いという時間がたくさんありました。そして若くて何でも吸収できる時期、そんな時にもっと勉強すればよかったな~!!

我が家の子供たちにも改めて言っています。
「今のうちに、やれるうちに、なんでも一生懸命に悔いのないようにやりなさいよ。時間は大事だよ!」と…。
いろいろと気が付いてしまったこの1年だったのですが、今年もチャレンジは忘れないで過ごしたいと思います。


    hiumaringojuice.jpg ashitaba.jpg
(左)先日青森の「ひうまリンゴ」のりんごジュースをいただきました。しぼりたてのりんごの果汁がとても新鮮で美味しくて、ごくごく飲んでしまいました!
(右)お友達から八丈島の採り立ての「明日葉」をいただきました。明日葉、初めて食べました。少しほろ苦いのですが今が旬で葉も柔らかくお浸しや天ぷらが美味しいです!写真はさっとゆでた明日葉にポン酢と胡麻油、鰹節とすり胡麻で和えたものです。

 
rikugienn.jpg april 2017
(左)先日行ってみた「六義園」の桜。桜は夕暮れ時も綺麗ですね。
(右)教室のベランダのお花です。今年もたくさん咲きました。たくさん増えたカランコエとシクラメン(ずっと外に出しっぱなしなので毎年今頃咲きます)はもう11年ほどの鉢ですが頑張って咲いてくれています。もう少しするとバラも咲いてくれると思います。

春ですね

4月になりました。でも4月といえど真冬並みの寒さですね。まだ厚手のコートが手放せずにいます。昨日メルマガの配信をいたしまして5月のスケジュールもお知らせしています。HPでも本日中に更新しますのでお待ちください。

昨日配信のメルマガで訂正があります。レッスンは平日は10:30~スタートです。(10:00~と記載した箇所があります)申し訳ございません。


             
frantz chocolat
家族が関西のお土産に「神戸フランツ」という神戸の洋菓子店のお店のチョコレートを買ってきてくれました。抹茶のチョコレートが2種類入っていましたがとても美味しかったです。調べてみたら東京に店舗がないそうで…残念。でも通販では買えるようです。神戸に行く方はぜひお土産に!

             
   2syokuandorijinal.jpg levain.jpg 
左:繰り返し練習したクロワッサン。クロワッサンもいろいろでこれは2色でチョコレート入り。美味しくて大好きです。
右:昨年秋に学校から分けてもらったルヴァン(酵母)です。これでパンを焼いたりなんとかお世話をして育てています。

先月、ようやくパンの学校を卒業してディプロムを取得しました。本当にこの1年は忙しくよく勉強したと思います。素敵なクラスメイトにも恵まれてだいぶ助けられ、シェフやスタッフの皆様にも本当にお世話になりました。また家族の理解もあって学校に行くことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

実は最後の試験はハプニングなどもありあまり納得のいくものではなかったのですが、それでもこの1年で収穫したものは多くとても勉強になりました。まだまだ分からないことも多くてパンは奥深いのですが、今後も学校で学んだことをさらに生かせるようにもっと勉強していきます。
               
cordonblue.jpg 
           
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

最近のパン

 3月になり昼間はだいぶ日差しが春らしくなりました。とうとう今年も花粉の季節が来てすでに参っています。
さて去年から通い続けてきたパンの学校も卒業までカウントダウンに入りました。
後半もやることが多く追い込まれて大変でしたがあともう少しです。頑張るぞ~!

    ikasumi baguette  pain6.jpg 

    epi_20170312014038a4c.jpg ciabatta.jpg

              chocolat chaud1
久々にホットチョコレートを作りました。ココアではなくて美味しい製菓用のチョコレートを溶かして作りました。(…あの有名チョコレート屋さんのホットチョコレート風?))大人向けにリキュールを入れてみましたがとっても美味しいです。

            手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

カンノーロ

先日、あるカフェで「カンノーロ」というお菓子を見つけました。以前に別のお店で買って食べたのですがその時は本来のカンノーロではなくてデニッシュ生地風のものでした。今回見つけたのは本来の揚げてあるタイプだったのでつい買ってしまいました。

もともと「カンノーロ」はイタリアのシチリアのお菓子ですが、現地ではシチリア以外でも売っていて食べられているお菓子です。さらっと揚げてあるサクサクとした生地の中に「リコッタチーズ」を使ったクリームが入っていて、クリームの上にはドライフルーツ等で飾ってあります。今回のものは日本人向けで甘さも控えめで食べやすかったです。中のクリームは「リコッタチーズ」の他にもカスタードクリームやマスカルポーネを使ったクリームなどが入っている場合もあるようです。

イタリアの本場の本当に美味しい「カンノーロ」…あるなら絶対に食べてみたいです。

以前、イタリアのフィレンツエでふらっと見つけたカンノーロ…食べてみたら「ギャー」という声が出そうなくらい甘くてしかも大きくて申し訳ないけど全部食べられませんでした。あれは入っていたクリームがなんだったのか、、リコッタでもカスタードでもなくて、固めのクリームがとんでもなく甘い上に不思議なハーブのようなお酒のような味でした。

海外のケーキやお菓子は日本に比べたら甘いものが多く、日本人のパティシエのお店でも海外では日本のものより甘さを強くしているという話です。しっかり甘くしないと売れないという理由もあります。国によって味覚の感覚、好みの違い、これはかなり差がありますね。今度時間ができたら「カンノーロ」を作ってみようと思います。(でもその前に本物の本場の美味しいのを食べたいのですが…!)

            cannolo.jpg
              「カンノーロ(Cannolo)」

さて3月ですが全ての日程にご予約が入っていますので体験レッスンの枠を別には取れそうもありません。もしご希望者がいらっしゃる場合は、通常レッスンの方とご一緒に受講していただくことになるかも知れませんのでご了承くださいませ。
          konsai soup 
         手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

豆板醤

寒いですね。生徒様ご本人やご家族が風邪をひいて…という話が多いです。みなさま気を付けてくださいね。

さて先日、夫がいつもお世話になっている知人の方より香港のお土産をいただきました。
「ペニンシュラ・ホテル」の豆板醤。。

これは私も試したこともなく、しかもなんだかもったいなくて使えない~と一瞬思いましたが、そこらへんの豆板醤とどう違うのかしらと考えたらどうしても瓶を開けたくなりました。(中華料理は頻繁に作らないのでそこらへんの豆板醤しか買ったことがないのです)

まずまるで香水が入っているような箱で、そこからして高級そうな豆板醤…。

            chilli soya bean sauce1 
箱を開けると赤いラベルの「ペニンシュラ」のラベルの瓶が出てきました。
原材料は菜種油、唐辛子、にんにく、ピーナツ、大豆、黄梅、水、トマトペースト、砂糖、塩、小麦粉、胡麻油など。

辛みもあるのですがとてもまろやかでコクがあって甘みも少しあります。美味しい。やっぱりちょっと違います。普通のはもっと辛みが強いものが多いので味見もしようものならむせてしまいそうな辛さのものもあります。でもこれはトマトペーストがはいっているためなのかまろやかでご飯にのせても美味しそうな、そんな豆板醤です。エビチリや炒め物がますます美味しくなりそうなお味でした。私は酸辣湯スープを作って少しこの豆板醤を足してみました。すごく美味しかったです。

他のお料理にも合いそうなのでまた違うレシピも試そうと思います。
このお土産をくださった方はとてもグルメな方だそうで、さすがのチョイスでした。またまた美味しいものが発見できました!

 
             chilli soya bean sauce 
           手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

最近のパン

1月に入り寒波が来ているせいか本当に毎日寒い日が続きますね。底冷えする日が続きます。
でも私は夏が苦手なのでこんなに寒くても冬は意外と好きです。着込めばなんとかやり過ごせるからです。

冬の楽しみは温かいものをコトコト煮込んだり、チーズフォンデュでバゲットや蒸し野菜に熱々のチーズをからめながらふうふうして食べたり…チーズフォンデュは1年にそんなに何回もしないのですが、寒い時期になると食べたくなるメニューでしまっているチーズフォンデュ鍋を引っ張り出します。寒くてもなんだか体の温まる美味しいものがあれば冬の寒さも楽しく過ごせます。

さてまたまた焼いたパンのお写真です。

   pain baguette c pain lo
バゲットとクロワッサンは去年は本当にたくさん焼きました。右のようなシンプルな食事パン、噛むごとに小麦の味がします。

    canpa1.jpg baguette_20170116002959da0.jpg
甘いパンやお惣菜系のパンたち。また右の四角いパンは型に入れて蓋をしたものですが1斤型よりやや小ぶりなので小さなサンドウイッチやカナッペにしてもOKです。
    
pain aux raisinis  ringo_20170116003001d54.jpg
「パン・オ・レザン」はカスタードとレーズンが入ったデニッシュ。そして右はふんわりした生地のリンゴたっぷりのスイーツ系パン。

さて1月のレッスンも始まっております。教室で体がぽかぽかと温まるスープを用意して皆様をお待ちしております。

             
 手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
昨年もあっという間でした。本年もまたよろしくお願いいたします。楽しくて美味しいレッスンになるように努めてまいります。

今年はなんと元旦から「年末にパン焼きました~」とメールをくださった生徒様が何人かいらっしゃいました!レッスンでは「絶対に家でも作ってくださいね」等とはしつこくお願いしておりませんが(笑)、みなさんが楽しんで作ってくださったとか、とても好評だったというお知らせは新年早々に大変嬉しかったです。ありがとうございました!

そして私も新しい年を迎えてまた新たな目標と希望を胸に頑張ろうと思いますが、去年から通っているパン学校の3月の卒業に向けて試験や課題や卒業制作などが山積みな私です。試験…これさえないとホントに楽しいのですが。。。追い込まれていますけれど頑張ります。

                                 pain des rois
写真のパンは「パン・デ・ロア」…。日本では「ガレット・デ・ロア」の方が有名ですね。

「ガレット・デ・ロア」はキリストの降誕を祝う公現祭に食べられるフランスのパイ生地のお菓子で中にアーモンド・クリームが入ったものです。紙の王冠が上に飾ってあり、中に陶器のフェーブと言われるものを1つ入れて焼きあげます。いろいろな説がありますが、今は切り分けて食べた時にフェーブが当たった人はその日1日王様(王妃様)という楽しみ方もするそうです。

フランス以外の国でも公現際にこの丸い王冠の形をしたパンやケーキを食べるようです。フランスでも地域により異なり「ガレット・デ・ロア」が食べられる地域、または上の「パン・デ・ロア」というブリオッシュ生地でできた丸いパンに砂糖漬けのフルーツやドライフルーツをのせたものを食べる地域と分かれているそうですよ。

私は食べやすいように切り分けてしまったものを撮影しましたがもともとは王冠(クーロンヌ)型に焼き上げます。この時期ならではのパンです。

2月のレッスンスケジュールも昨日にメルマガご購読の方には配信いたしました。少ない日数でご迷惑をおかけいたしますがぜひご予約をお待ちしております。HPも本日更新します。

今年も美味しいパンをぜひご自宅で焼きませんか?そしてまだパン作りをしたことのない方、迷っている方もぜひ一度教室にいらしてくださいね!
           
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

Read More »

Noel のケーキ

2016年のレッスンも無事に全て終わりました。教室にいらしてくださったすべての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

ところで「ポン・デ・ケージョ」というブラジルのパンですが、このレッスンの材料には卵黄も使用するため卵白が余ります。その卵白を使ってレッスン後に焼き菓子を作りました。

「アーモンドのクッキー」…卵白やアーモンドプードルを主な材料とするクッキーです。スペインの修道院のレシピを参考に焼いてみました。
しっとりした食感の優しい甘さの素朴なクッキーになりました。こんなふうなシンプルな材料でできる焼き菓子が好きです。

             cookies spanish


            marron tart for noel                                                              珍しくお菓子のレッスンに参加してきました。栗のタルトのケーキです。
1度目の時は焼き菓子だったため手順もなんとなく想像できたので心配していなかったのですが、それがとんでもないことに…。

1度目のレッスンでは開始まもなく卵白を泡立てました。卵白の泡立ては特に難なくと思っていたのですが、なぜか私のは一生懸命に泡立てても一向にメレンゲのようにならないのです。それどころか分離しかけてきています。両隣はベテランの方でもうすぐ終わりそう…。焦った私は「すみませーん」と申し出ました。すぐに先生が飛んできてやり直しに!私も「なんで?」と訳もわからずパニックになりかけました。

先生が必死の形相で途中まで泡立ててくださり皆さんにも無事に追いつきました。「私…卵白も泡立てられなくなったのか・・・」とショックでしたがとりあえず最後まで集中してやりました。あとでわかりましたが、私のボールにはわずかに水気が残っていたということで上手く泡立たなくなったとのことでした。(原因がわかって安心しました!)お菓子って本当に繊細なのですね。

そんな前回のこともありまして2回目はすっかりトラウマになっている上、今回のケーキはもう少し手が込んでいるのと、厳しいと伺っていた先生が担当ということもあり、もともとケーキ関係は得意分野でもないので初めからもうテンションがダウン。

実際に緊張のあまり、手順は間違えそうになるは、お道具は床に落とすはで余計にガチガチに。ところがそんな私に見かねたのか先生がとても優しく笑顔でありがたかったです。お陰で途中からいつものマイペースな私に戻りましてなんとか「ノエル(クリスマス)のケーキ」をもくもくと作りました。

しかし最後の仕上げで栗のクリームを絞るところが難関でした。モンブランの絞りの口金を最後に使ったのはもう何年も前のことでどうするとまっすぐにきれいに揃ったクリームとなるのかすっかり忘れてしまっていました。しかも私の作ったことのあるのは小さなケーキだったので、今回のようにやや大きなケーキのクリームをなるべく少ない回数で綺麗に円を描いて絞り切るのが大変でした。

先生は無駄のない流れるような所作で美しーく仕上げます。「今日は私はまだクリームが残っているけどもうやめます」と全部絞り切らすに美しい栗のケーキに仕上げました。私もやはりクリームは残っていましたが仕上げの状態を優先にしてやめておきました。

ところが周りの方は「もったいないわね~」とどんどんてんこ盛りにクリームをしぼっていき、見回ってきた先生が「なんかざるそばみたいだね」…と。確かにその方達のケーキはいつの間にか「ざるそば大盛り」みたいになっていました!クリームは持って帰れないのでそうなったようです。

できたケーキは崩れないように慎重に家に持ち帰りました。中のクリームシャンティとモンブランクリームは絶妙で美味しかったです。無事に終わって良かった~。また復習もしたいケーキです。

メリークリスマス!素敵なクリスマスをお過ごしください!


             手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」   

最近のパン

 先日焼いたパンのお写真です。いつもパンを焼いたら記録の為に撮影していますが、写真というのはどんどんたまっていってしまいます。年末ですし1年間に撮影したパン写真の整理もしておかないと訳がわからなくなりそうです。。HPには記録のために更新しています。HP右の「Gallery(ギャラリー)」内にまとめております。レッスン以外に今までに個人的に焼いたパンの写真もありますのでもし気になるパンがありましたらご質問くださいませ。

レッスンの「オレンジ&カスタードクリーム」のアレンジでリンゴに変えてみました。洋梨も美味しいですしチェリーもいいですね。リンゴもコンポートをたくさん作ったので少し山高になるようにデコレーションしてみました。上の飾りですが実はグリーンが欲しかったのですがミントもセルフィーユも自宅になくてなんと「パクチー!」を飾って写真だけ撮りました。(一緒には食べてないです
 

           apple cream

こちらはプレーンのカンパーニュで、天然酵母を使用して自宅のガスオーブンで焼いています。思ったよりもクープが開き過ぎたので次回焼く時には少し考える必要がありそうです。
           campa h

こちらは実習で焼いたパンの数々。復習しないと忘れてしまうと思いながらもこれ以外にも種類も多くてなかなか追いついていけてません。年末年始で数をピックアップして少し焼こうと思います。(時間があるかが不安ですが)
           c lesson
           手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

焼きりんご

先日青森のご出身の方からりんごをいただきました。私は果物が大好きなのですが、今の時期のりんごはとても美味ですね。自宅でも買ったリンゴもあり、いつもの生食も良いのですがこんな寒い時には「焼きりんご」に限る!と早速デザートを作りました。串切りにカットしてフライパンでソテーする「焼きりんご」も大好きなのですが今回はオーブンに入れて作りました!

   yakiringo.jpg yakiringo1.jpg
左:美味しそうなリンゴちゃん。綺麗に洗って中を専用のくり抜き器で芯をくり抜きます。耐熱容器の上で芯をくり抜いたリンゴを回しながら穴の中にシナモンシュガーを適量入れます。メイプルシュガーも美味ですよ。更に少量のバターをカットして穴の中に差し込みます。
右:くり抜き器。これをリンゴに差し込んでくるくるっとひねると数秒で芯がくり抜けます。くり抜いた芯もなんだか、ろうそくみたいにかわいい!

   
yakiringo2.jpg  yakiringo3.jpg 
左:200℃ほどに予熱したオーブンに耐熱皿にのせたリンゴを30分ほど焼きます。私はあまり柔らかくするよりは少し果実の食感が残っていた方が好きなので少しだけ固めで取り出します。予熱でも火は充分通ります。またリんごの種類により出来具合も変わります。一応竹串などで刺してみてください。
右:皮をむいて耐熱皿に流れ出たリンゴの果汁&シナモンバターをかけていただきます!熱々でももちろん冷めても美味しくてバニラアイスクリームを添えたら言うことないデザートです。この焼き上がりの香りも幸せ。。O様ありがとうございました!

あと、みなさま、リクエストレッスンのリンゴを使用する「アップル・シナモン」も機会がございましたらぜひ受講なさってみてください。おススメですよ!
            手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

Cafe praline…コンフィチュール

 昨日は寒い1日でした。数日前はなんだかぽかぽかな陽気でしたのに11月の雪に驚きました。
みなさん、風邪などひかないよう本当に気を付けてお過ごしください。うがいと手洗いは必須です!
12月のレッスンでキャンセルなどでまだ残席がある日がございます。ご予約お待ちしております。

少し前に渋谷のBUNKAMURAのミュージアムに行った際に渋谷の「VIRON」とミュージアムとのコラボのコンフィチュールを購入しました。コンフィチュールには可愛い布とリボンが蓋の部分に飾ってありました。先日学校で焼いたバゲットにつけて食べてみましたがとても美味しかったです!

牛乳、グラニュー糖、ヘーゼルナッツ、バニラ、コニャックが入っている大人の味のコンフィチュール「Cafe praline」です。
ヘーゼルナッツが大好きなのですが少しコニャックが効いていて甘さもくどくなくてとても良いです。丸の内のショップでもあるのか今度見に行こうと思います。
    cafe praline1  cafe praline 
学校でバゲットを何種類も勉強するのですが様々な種類があります。長さもまちまちで形も両端が細めとか棒状にすることもありますし加水によりクープの入れ方と開き具合も変わります。一度に数本のバゲットを成形する場合はただ作るのみならず、すべてが同じ長さと太さにしないとシェフからダメ出しされます。。(苦笑)

今日はいくらかよくできたなと思っても「もっとこうしないとだめ」と言われたり、今日はまったくだめ!と思っても「なかなかよくできてるね」と言われたり、バゲットを熟知しているシェフだからこそちょっと見ただけで全てがわかり「今日、こんなふうにやったでしょ?」と指摘されてしまいます。本当にさすがプロなのです。私にとって謎だらけなバゲット修行はまだまだ続きます。
下のバゲットは気泡がたくさんできるタイプでした。中もみずみずしいくらいにもっちり美味しくできました。 
    baguette_2016112501235591c.jpg   gift birthday f 
右は先日プレゼントでいただいたお花です。素敵で癒されました!

         
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

紅茶「マリー・アントワネット」とバゲットの箸置き

久々のブログの更新となります。みなさまお元気にお過ごしですか?寒くなってきました。乾燥もすごいですね。パン作りもお水の加減に注意していく必要がありますね。教室も暖炉ストーブを出しましてすっかり冬支度が整いました。

さて下は先日いただいたギフトのお写真です。

      laduree tea hashioki_20161118224520c2c.jpg
左:「ラデュレ(LADUREĒ)」の「マリー・アントワネット」という紅茶。ラデュレの紅茶、初めていただきました!パッケージも可愛いです。紅茶にバラやジャスミン、かんきつ類、ハチミツ、ドライフルーツがブレンドされた繊細で華やかな香りが「マリー・アントワネット」のイメージだそうです。レッスンで何回か淹れてお出ししたところ好評でした。美味しい上、とても優雅な気分になりまた。ありがとうございました!

右:箸の先にはなんと…ミニサイズのバゲット!これは箸置きなんです。とても可愛いバゲットはリアルで本当に美味しそうです。箸だけではなくてもちろんカトラリー置きもぴったりです。箸置きの入った袋もとても可愛いので一緒に撮影してみました。思わず笑顔になる箸置きをありがとうございました!

11月の体験レッスンは終了しました。ご参加いただきましてありがとうございました。年内は12月21日(水)10:30~体験レッスン「きほんの丸ぱん」のレッスンを開講します。残席がございますのでご参加ご希望の方はぜひお問い合わせください。

12月の他のレッスンも残席が若干ある日がございますのでこちらもぜひご予約をお待ちしております


         手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)


最近焼いたパンです

10月のレッスンが終了しました。クスパ&ロスティのコラボでのタイアップレッスンも無事に終了しました。皆さん、今月もご参加ありがとうございました。
来月は久々に体験レッスンを開講します。 11月18日(金)10:30~です。
もしお知り合い等でパン作りにご興味のある方がいらっしゃいましたら、まだ残席がございますのでぜひお伝えください。ご参加の方を募集しております。


さて最近焼いたパンの写真です。自宅で焼いたものもあれば学校で焼いたものもあります。少し腱鞘炎が良くなってきたのでホッとしています。パン焼きには本当に良い季節なのでどんどん焼いていきます!
              agepan.jpg 

先日自宅で久々にドーナツを作りました。一気に無くなりました。ねじる成形も可愛いですね。「きな粉&砂糖」「シナモンシュガー」の2種類です。以前勤めていた教室では教えていたのですがまだ今の教室になってからは、油を使用する等その関係でいろいろなことがクリアできていない為レッスンでは登場させたことがありません。カロリーは置いておいて?揚げたてのドーナツって本当に軽くて美味しいのです。ご自宅で揚げ物をよくする方なら揚げるパンも簡単だと思います。揚げ物をしない方にはちょっとだけ面倒かな?


     baguette201610.jpg pont-lveque.jpg 
左:学校で習ったパンです。バゲットとしっとりしたクグロフ。今学期はバゲットの加水も多くなってきます。初めは加水が多い生地に苦戦していましたが最近は慣れてきて楽しくなってきました!(まだ成形は上手に出来ませんが)このバゲットはクープ(ナイフで切り込みを入れること)は1本ですが先生にさっと早く入れられるようにしなさいと言われました。柔らかい生地なので難しい!
右:左のバゲットにフランスのノルマンディー地方の「ポン・レヴェック」というチーズをのせてリベイクしました。バゲットも気泡が入って美味しく、さらにこのチーズは焼くと本当にとろけて美味しいです。

今月は「世田谷パン祭り」という有名なパンのイベントがありましたがご存知ですか?行かれた方もいるのでは?
今通っている学校でも出店しており今回はボランティアをしました。学校に夜集まりまして朝までパンを焼き続けるお手伝いでした。夜10時~翌日6時過ぎ位までだったでしょうか。以前夜勤のある仕事をしていたのですが夜中に起きて仕事なんてそれ以来でした。昔はまだ若かったからたいいけど今は…大丈夫かなと不安のまま参加しました。私のクラスのメンバーと卒業生とシェフ達でチームを組みます。でもまだ私達は勉強中の身なので、シェフから言われたことを忠実にやるので精いっぱいで足手まといにならないか気が気でありませんでした。分割や成形や仕上げ、梱包などみんな休む間もなく働きました。
       
setagaya.jpg setagaya1.jpg
夜中にシェフがお夜食のオムレツとオープンサンドを作ってくれました。優しい!でもこんな時間に食べるなんて~。。太ってしまう。と思いながらも美味しくて結局食べてしまいました。でもその時も全く座らずずっと立ちっぱなしでしたがシェフ達はもっと大変です。ずっと窯入れするのでオーブンの前でパンを出し入れする繰り返しでした。量もすごいので重労働です。しかもバゲットのクープ入れはマジックなの?というくらいに早い!神業でした。1分間で何本入れられるんだろうと目を見張ってしまいました!本当にすごかった!さすがです。

       
setagaya2.jpg    setagaya3.jpg 
無事にお手伝いも終わり、疲れているのに充実感でなんだかテンション高く帰宅しました。とても勉強になりました。シェフに「来年もよろしくね!」と言われました。(こんな私で良ければぜひ来年もよろしくお願いします!)ところで、皆さんパンの量すごいでしょ?これはまだまだ一部なんですよ!本当にすごい量でした。ボランティアの方、シェフ、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!


          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

Mulino Bianco

 猛暑が終わりホッとしていますが雨も多く相変わらず湿気が多くなかなかすっきりと晴れる日が少ないですね。

8月の後半から今日までは本当にバタバタの毎日でした。日々の事に加えて、父の入院&退院に留守宅の管理、パン学校の試験も重なり、そのあい間には息子達の大会の試合応援に山梨に出向き、土砂降りの中のお彼岸のお墓参り、以前にお世話になったシェフの勉強会等のイベントもあり時間がいくらあっても足りないくらいでした。どうなる、、私?と思っていましたが終わりよければ全てよしでホッとしています。

真夏が苦手で夏の時期は体調も絶不調だったのですが少しだけ過ごしやすくなってきましたので、お陰様で風邪ひとつひかずにこの怒涛の忙しさを何とか乗り切れました。本当に良かった~!

試験後が一番疲れていましたが無事に合格し前期の修了式がありました。今度は上級クラスに進みます。そして今週からやっとレッスンも再開します!本当に生徒様にはご迷惑をおかけいたしました。当分の間は父の状況を見ながらスケジュールを組みますのでレッスン日は限られると思います。11月のスケジュール更新も、もう少しだけお待ちくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。


先日久々にお会いするシェフの講習会に参加しました。帰りに美術館にも行きました。その途中あるお店で見かけたイタリアのお菓子。私はヘーゼルナッツが大好きなので、ヘーゼルナッツとカカオのクリームをサンドしたビスケットを買ってみました。(見た目もちょっと美味しそうでした)

イタリアの人は夕食が遅いので朝食は軽めに取るそうで、朝はコーヒーとビスケットだけということも珍しくないそうです。確かに夕食が遅くしっかり食べたら、朝は軽くで十分ですよね。「Mulino Bianco Baiocchi」(ムリーノ ビアンコ バイオッキ)はBarilla(バリラ)社というパスタで有名な会社が販売しているビスケットです。素朴な感じでコーヒーや紅茶と合いますよ。他のシリーズもありますのでもしどこかで売っていたら、気になる方はぜひ買ってみてください。

         mulino bianco 


そして久々に以前お世話になったシェフの講習会で作ったパンは秋らしいワインのパン(左下)と柚子が入ったフォカッチャ(右下)でした。とても美味しかったです。シェフにも久々にお会いしました。楽しく美味しいレッスンでした!

以前にハード系パンクラスで1年間シェフに教わりディプロマを取りましたのでそこで習ったものと同じ内容でレッスンができることにはなっているのですが、ハード系のパンですのでレッスン時間が長い!そこが悩みの種なのです。やるとなると検討事項が多いかもしれません。

 wine b  yuzu f 


今回美術館は国立新美術館で「ヴェネツイア・ルネサンスの巨匠たち…アカデミア美術館」を堪能しました。ちょうどダリ展が始まりそちらの入り口は混んでましたが、こちらは空いていて本当に見やすかったですし良かったです。宗教画が苦手な方でなければ本当におススメです。

美術館に他の展示のパンフもおいてありました。
「ダリ展(開催中~12月12日)、「ミュシャ展(2017年3月8日~6月5日)…国立新美術館
「ゴッホとゴーギャン展(10月8日~12月18日)」…東京都美術館
「クラーナハ 500年後の誘惑(10月15日~2017年1月15日)」…国立西洋美術館

どれもこれも行きたいものばかりです!特にゴッホとミュシャは何が何でも行くつもりです。秋から美術館めぐりも忙しくなりそう。

       musee.jpg 

9月&10月のレッスン・スケジュール
ご予約方法&ご予約フォーム

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

紅茶と塩のギフト&さまざまな塩

 8月ももうすぐ終わりですね。
先日HPでご案内させていただきましたが9月のレッスンにつきましては、急きょ休校とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。後半の方でもしレッスンが可能になった場合はまたHPでもお知らせさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

レッスン時やメール等でご連絡くださりご心配くださった生徒の皆様、本当にありがとうございます。皆様の温かい励ましにジーンときました。

        gift_2016082918490811a.jpg 
上は先日にいただきましたお品のお写真です。お気遣いいただき本当にありがとうございます。

右はスリランカの紅茶です。O様、お元気にスリランカでお過ごしでしょうか?お紅茶とお祖父様の作っている美味しい緑茶をお土産にお持ちくださりました。紅茶も現地のおススメということだそうでこれから楽しみにいただきます。またご帰国時にはぜひレッスンにいらしてくださいね。

左は新潟の「吉野家 笹川流れの塩」です。H様からいただきました。私が塩が好きなのでとわざわざお持ちくださいました。実はこのお塩、母のおススメで使用していて私も大好きな塩なんです。まろやかです。おにぎりはもちろん、今なら枝豆やトウモロコシなどにぴったりで素材を生かす塩です。だいぶ前から常備して我が家の定番にしています。普通の白いお塩以外にシリーズの「昆布塩」「藻塩」も絶品で冷奴、天ぷらやステーキ、サラダなどで楽しめてどのタイプも美味しい~塩です。

今自宅である塩を確認してみました。お土産でいただいたり自分で買ったりしていろいろなお塩があります。まだ使用していないものもありますが、用途に合わせて使用しているので常に台所には7~8種類あります。

今自宅にあるものはこんなラインナップです。

◎笹川流れの塩、昆布塩、藻塩(新潟県) ◎伯方の塩(愛媛県) ◎シママース(沖縄県) 
◎雪塩(宮古島) ◎瀬戸内の花藻塩(瀬戸内海の海水、会社:東京)

◎海んまんま一の塩(佐賀県) ◎能登の塩(石川県) ◎自凝雫塩(おのころしずくしお)(淡路島) ◎南紀熊野灘ゆず塩(和歌山県)

◎ドレッシングソルト、おにぎりの塩、粋な旨だし塩(塩屋 沖縄県) ◎七つの海(種子島) ◎深層海塩ハマネ(伊豆大島) ◎海の精ハーブソルト(伊豆大島)

◎海人の藻塩(広島県) ◎レモンペッパーソルト(ベトナム) ◎赤ワインソルト(イタリア) ◎マルドンシーソルト(イギリス) ◎モティア(イタリア) ◎グロセルマランオザルグ(フランス ブルターニュ)

◎サンテラモ アドリア海の塩(イタリア) ◎ゲランド(フランス) ◎カマルグ(フランス) ◎ポルチーニソルト(イタリア) ◎ヒマラヤ岩塩ピンクソルト(パキスタン)

こうしてみると28種類!たくさん家にありました!

塩には海塩、岩塩などいろいろあります。製法も異なりますし、海外、国産ありますが、国産の塩でも様々な事情により海外から原料の塩を輸入してまた国内の海水を使用して精製しているものも多くあります。細かい粒子のもの、粗めのもの、ハーブ、海藻、柚子、抹茶、梅、炭、ワイン、ポルチーニなどの味や香りが付いているもの等たくさんの種類があります。腐るものではないので保存もできます。私はいろいろな種類を試したいので定番の塩数種類は多めに購入して、その他は少量ずつ購入して食べ比べています。用途や料理により変えてみたり、またそれぞれに成分も違うので、成分から考えて使い分けてみるのも楽しいと思います。

国内の塩も各地で違うため、もう少し探してみたいと思います。もしおすすめの塩、ご存知の方はぜひ教えてくださいね。

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)

ワッフルのレッスン

暑くてムシムシした日が続きますね。猛暑の中レッスンにご参加の皆様、本当にありがとうございます。今日はレッスンはお休みですが台風ですので、レッスン日に直撃せずにホッとしています。

今回の特別レッスンは2メニューを同時にやりますのでやや忙しくなります。進行状況により毎回異なるのですが予想をしていなかった思わぬ所で予定より時間がかかってしまったレッスン日もありました。これを踏まえて反省し、さらにスケジューリングに工夫をしたいと思います。皆さんのできあがりのお写真を撮る余裕もなくすみませんでした。すでにご参加いただきました生徒様、本当にお疲れ様でした。

         2016 6 

今月のワッフルのレッスンですがこれから受講なさる方、またご自宅で復習をする方もいらっしゃると思いますのでレッスンをしていて気が付いたことや注意した方が良いことなどをまとめてみました。


今回はサクサクしたベーキングパウダー使用のお菓子タイプのワッフルではありませんが、イースト使用の場合,ワッフルメーカーの性能上焼き上がり直後の生地の表面はサクッと中はふわっと仕上がるのが特徴です。

またみなさん生地をワッフルメーカーに流す作業にややご苦労なさっていたようでした。やや多めにとって一気に流し入れると楽かと思います。

◎ワッフルメーカーはメーカーにより違うと思いますが1度目の焼き時間、2度目以降の焼き時間が少し違ってきます。流し入れる生地の量により焼き時間も加減してください。副材料が多いので焼き色は付きやすい生地です。途中で必ず色などを確認して焼き上げてください。

またワッフルメーカーにバターをたくさん塗りすぎても色が付きやすくなりますので気を付けましょう。

◎焼き上がっているかどうかは…生地の色を確認する、または竹串でさしてみる、また端の部分を軽く押してみて弾力があれば焼き上がっています。お好みの色で取り出しますが色が薄すぎる場合は生焼けの場合があるので気を付けてください。

ただし取り出しても予熱で火が通りますのであまり焼き色を付けると焼きすぎの場合もあります。何度か焼いてみてご自宅のワッフルメーカのくせなどを確認してみてください。

◎オーブンで焼くパンとは異なり、ワッフルメーカーは上下から生地をプレスして短時間高熱で焼き上げ、生地に凹凸ができますので熱が通りやすくなります。(ホットケーキのような生地、焼き方とは異なります)通常、イースト使用のパン生地で卵やバターを多く使う場合、意外と焼成後は生地が乾きやすいです。ワッフルメーカー使用の場合はさらに乾きやすくなりますので、すぐに食べない場合は乾燥しないようにしてください。焼き上げ後は冷凍も可能です。

◎スイーツ系にする場合は生クリーム、アイスクリーム、ハチミツやメイプルシロップ、フルーツのソースやチョコレートソースなど、トッピングに液状のものを添えると食べやすく生地とのコントラストも楽しめます。

◎時間がたってしまい生地が固くなった場合は必ずリベイクしてください。(レンジで10秒~でふんわり、トースターならサクッとします。両方組み合わせてもOKです)

◎中にチョコチップを入れたりスイーツ系のトッピングにする場合、また甘くしないランチ系にする場合は材料内の糖分の量を減らして大丈夫ですが、ゼロにしてしまうと発酵がにぶくなりますので気を付けてください。

生地にチーズやハム、冷凍フルーツを解凍したものを入れても良いですし、スライスしてはさんだり、トッピングを工夫しても軽食になりますのでアレンジを楽しんでくださいね。そしてぜひできたての温かいうちにお召し上がりください。

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

最近焼いたパンをまとめてみました♥

8月に入り、今日も全国的に暑い日のようでしたが皆さま、いかがお過ごしですか?
まずご自宅でのパンのお写真を送ってくださった生徒様、ありがとうございます。HP内でお写真も更新していますのでぜひご覧くださいませ。遅くなりまして申し訳ありません。

今夜中にこれを書いていますが、今日は私は自宅に独りなんです!滅多にない1人!ここしばらくで1人なことってあったかしら?思い出せないのできっとほとんどなかったのかも知れません。貴重すぎてわくわくします。。

でも今朝は早い時間からパンの勉強で外出していました。授業が終わったのは夕方遅くで帰宅したのはもう夜でした。さすがに1日立ちっぱなしだと足もむくみますね~。今週は特に外部での勉強が集中していたので帰りはほっとしてどっと疲れが出ました。

夏に入ってからのカリキュラムはまさかのクロワッサンやブリオッシュでバターがたっぷりな生地の勉強をしています。クロワッサンなどの折り込み生地の復習は本当は冬場にしたいです…。こんなに暑いと冷房をガンガン効かせた部屋でも発酵が進みますので。

今日も授業でたーくさんパンを焼いてきました。来週のお盆休み中も課題のテーマを決める宿題や試験の復習があるのであまりゆっくり休む暇はなさそうです。

最近習って焼いたパンの写真、まとめてみました。

 
bread pain olive pain  
左:大きく焼いてオープンサンドやサンドイッチにして食べると美味しいパンです。ステーキ用の琺瑯のグリル鍋をもしお持ちならそれで両面トーストするのもおススメです。習った分量だととても大きいので半分サイズにして焼きました。(それでも大きい…)

右:授業で習ったパンの復習で作ったオリーブ入りのパン。実は私は、このパン、授業ではあまり下部が細く仕上がらなかったパンでした。(というより下の部分をそこまで細くしないといけないという認識がなかったのですが)
先生に悲しそうに「今日はどうしました?あとで個人的に一緒に復習しましょう」と言われて初めて「え。これ違うの?」とわかりとてもショックだったので自宅で復習してみましたが、ちょっとねじりすぎてしまいました。でも美味しいパンです。



 
pain1.jpg painhard.jpg 
左:ブリオッシュ生地を編み編みしていきます。いろいろな編み方があり勉強になります。ふんわりしていて甘いものに合わせても何かはさんでも美味しく食べられます。

右:同じ生地から展開してさまざまな成形にしたり、切り込み(クープ)の飾り模様を入れるパンで、シンプルなのでお食事に合わせると美味しいものばかりです。生ハムやチーズ、ルッコラと合わせていただきました。成形は初めて習ったものもありました。(中央2種)珍しいと思いませんか?


 
pain2.jpg pain3.jpg 
クーラーをがんがん効かせてクロワッサンとパン・オ・ショコラの復習をしました。手早く生地をのばしてバターを折り込みます。この日は形はまだ課題が残るとしても味は今までで一番美味しくできました。クロワッサンは三日月型と長細い型と2種類の成形をしてみました。家族もみな喜んでくれました。

      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

レシピができました!

ムシムシとした日が続きます。雨不足でも困るので適度な雨なら良いですね。

リクエスト・レッスンの「フォカッチャ」が7月より少し形を変えて登場します。体験レッスン受講後の方ならどなたも参加していただけます。

ようやくレシピも作り終えました!試作はほぼ終わっており再度確認のため焼き、配合も微調整しました。リニューアルレシピはチーズをのせた「フォカッチャ」です。厚焼きフォカッチャはふんわりしていていくらでも食べられそうです。こねる量も多いですので皆さん頑張ってこねてくださいね。

7月は早速19日(火)にレッスンがございます。(大人のクラス)大きいパンですので定員2名様です。1名残席がございます。
ご都合がよろしい方、ぜひご予約をお待ちしております。

       foccacia4.jpg 
チーズをのせた厚焼きフォカッチャ…もちろんシンプルにプレーンで焼いていただくのもおススメですのでレッスン時にお伝えします。ご自宅ではお好みでシーンによって焼き分けてみてくださいね。
 

      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

8月&9月の特別レッスン試作中

 お元気にお過ごしですか?手作りパン教室「Petit Chocolatです。ブログ更新が少なく申し訳ありません。

パンの勉強の方がいっぱいいっぱいになっており復習に追われています。
もっと早い時期にレッスンに行きたかったとは思いますが、子供達に手がかかるうちは子供達の生活の軸を優先にしたかった事、身内に病人がいた事なども重なり時間的に無理でした。今のタイミングが正解だったと実感しています。

そしてわかったこと…今習っているレッスンは毎回長~く中味も濃いです。充実していますが情報量が多くて忘れてしまわないように自宅でもノートの整理や復習で焼いたりしているとかなり忙しい…。精神的にも体力的にもタフさが必要ですが幸い同じクラスの仲間がとても頼りのある優しい方ばかりです。パンのお仕事に実際就いているプロの方や店舗開業などプロを目指している方がほとんどでみんなとても器用!レベルが高く落ち込むことも多いのですが皆で助け合って勉強しています。

今、家族の理解と協力があって勉強もできるので本当にありがたいなと家族にはとても感謝しています。この勉強をレッスンに反映して皆さんにもいろいろなことをお伝えできるようにしていくつもりです。


さて7月の特別レッスンはお休みなのですが、8月&9月の特別レッスンの内容がほぼ決まりました。
パンケーキタイプの「ワッフル」にする予定です。
私も大好きですが家族にも人気のメニューです。

       
2016 6 special 
上:お菓子タイプではなくてイーストを使用した朝食向けのパンケーキタイプの生地です。朝食にこれが出てきたら本当にテンションが上がりますね~!もちろんティータイムにも良いです。蜂蜜をかけても良いです。以前カナダのバンクーバーのハイアットホテルで食べたワッフルの朝食は本場のメイプルシロップがかけ放題でした。本当に美味しかったのでそんなイメージでレッスンにすることに決めました。
       2016 6 
上:ワッフルメーカーいっぱいに生地を入れると一番上のような写真の四角形になり、少し控えめに生地を入れると「マネケン」で売っているような丸い形になりますよ。どちらも試していただいて構いません。写真はイチゴの季節は終わったのでラズベリーとブルーベリーを添えています。

そして8月&9月の特別レッスン「ワッフル」は時短メニューなので、もうひとつ「お楽しみメニュー」を加えて開催します。そうです。8月&9月の特別レッスンでは1度に2種類を一緒に学べるわけです。

「お楽しみメニュー」の方は生地は私の方でこねて事前に用意したものを皆さんにお1人1個成形していただきます。ワッフルのお持ち帰りは大体5~6個です。ご試食は教室で別に用意した「ワッフル」を召し上がってください。お楽しみパンはその場で召し上がっていただいてもお土産にしていただいてもOKです。

申し訳ないのですが8月はレッスン日が少ないので、この特別レッスンのみの開講とさせていただきます。9月は通常レッスンの方も受講いただけますのでよろしくお願いいたします。

今レシピも試作中で調整していますので、また改めてレッスンの詳細をお知らせいたします。お待ちくださいませ!
6月、7月のご予約ですが、まだ残席があるお日にちがございますのでぜひご予約をお待ちしております。

     
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

更新しました!「フォカッチャ」について、最近のパン

 1年の半分…6月となりました。アジサイがとても綺麗に咲きだし始めましたね。雨の方はというと梅雨入りはまだのようですが…。

この週末に教室のある豊洲に遊びにいらっしゃる方におススメのスポットがあります。豊洲公園で国産ワインのイベントがある他、芝浦工業大学豊洲キャンパスの裏手の運河の所に「船カフェ」が登場しています。運河沿いにお店が出ていてお飲物等も購入でき休憩したり運河クルーズもあるそうです。(先着のようで1日2便)

運河、川には縁があります。小さな時から住んでいた場所には必ず水辺が近くにありましたし、今までに行った海外の旅行先に選ぶのはなぜか毎回運河や川に囲まれる街が多いです。教室のある豊洲も四方から運河に囲まれているため都会にしては風の流れが常にあります。あまり綺麗な川ではないかも知れませんが水の流れを見るとなんだかホッとしますね。

運河沿いの船カフェやイベント、私も行く予定です。


特別レッスンについて

さて1日にメルマガご購読の方には一足早く7月のレッスンスケジュールをお知らせいたしました。ご購読ありがとうございます。早速ご予約もいただいております。また昨日はHPの方でもスケジュールの更新をいたしました。

8月はお盆休みなどもありましてあまり回数はできませんが、去年同様に猛暑でクーラーをつけてオーブン、発酵器などをフル稼働してもブレーカーのおりないような?レッスンをしたいと思います。詳しく決まりましたらまた追ってお知らせいたします。

今後の「特別レッスン」の予定です。(6月現在の状況ですので変更する場合もありますのでご了承ください)

 8月&9月…暑い時期でもまたお忙しい時にも短い時間で気軽に出来るメニューの予定です。8月はレッスン期間が少ないので9月まで延長して受講できるように検討しています。。

10月…   特別レッスンはお休みです。

11月&12月…以前行った特別レッスンがバージョンアップして再登場です。レシピを少し見直しまして秋から冬にぴったりの美味しくて見た目もかわいいパンに仕上げます。ぜひお楽しみになさってください。


リクエストレッスン:「フォカッチャ」についてお知らせ:   

7月より「リクエスト・レッスン」のフォカッチャは成形を変えることになりました。厚焼きのフォカッチャ(スクエア型1台分)となります。(写真下)
今までの丸い円形の形の成形もレッスン時に口頭で説明いたしますので、ご自宅ではお好きな成形を試していただけると思います。

従来のメニューは、レッスンを重ねていくうち多少ヴァージョンアップさせて内容も進化することがあります。私の味覚の変化や今流行りのパン、材料の質の変化などに合わせてレシピを少し変更することがありますのでご了承ください。

厚焼きタイプのフォカッチャの材料の量が増え内容も少し変わりますので料金を変更させていただきます。

3500円→4000円です。7月からリクエストレッスンでご予約ができるようになりますのでよろしくお願いいたします。

 
focaccia shikaku 

…最近のパン…
breab.jpg
 bread and soup
左:発酵かごを使わずに焼ける気軽なブール。スライスしてお食事パンにします。レッスンでもしやるとなると時間配分が課題です。
右:スープとパンは定番の組み合わせ。奥のパンは線のところからカットしてスープに浮かべます。

couronne bordelaise couronne bordelaise 
左:先日習ったボルドーの王冠(クーロンヌ・ボルドレーズ)」という名のパンです。クーロンヌはフランスの各地で作られるそうですがそのボルドー地方ヴァージョンといったところです。このパンがずっと作りたくてやっと念願が叶いました!
レッスンでは約800g~900g位の材料を手ごね!でした!ちょっと疲れました。なんと発酵後は1キロ超えでした!でも強力なパワー全開のオーブン窯のお陰でしょうか。ボリュームがあってふっくら焼けました。カリカリなヒラヒラ部分が美味しいです。ボルドーは行ったことがないのでいつかぜひ行ってみたいです。

右:そして早速自宅でも復習しました。習った分量ではさすがに家庭用オーブンでは大きすぎて難しいのでワンサイズ小さくしてみました。でもうっかり成形の手順を間違えてしまい中央のヒラヒラの部分が縮んで小さく厚めになってしまいましたが修正が出来ない為そのまま焼きました。次回はしっかり頭に入れて焼きたいと思います。このパンはライ麦も入るのですが食べやすく食感もかなり好みで大好きになりました。とても美味しいのでまた焼こうかなと思います。

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

憧れるクロワッサンとは

 暑い1日でしたね。今から思いやられます。今月も折り返しでレッスンを迎えます。皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。


先日受けたレッスンでシェフ(今習っている先生を生徒はこう呼んでいます)にお土産でクロワッサンをいただきました!本当にきれい~。。

シェフの作るパンは毎回どれも芸術的です。また機会がありましたら撮った写真をご紹介しますが本当に仕上がりが素敵で毎度ため息が出るばかりです。外はサクサクで中はややしっとり。いつかこんな綺麗で美味しいクロワッサンができたら良いのですが。憧れです。

bread c bread c1 
       bread_20160523222803915.jpg
上:先日受けたレッスンで作ったパンです。ひねってありトルサードの成形です。素朴な感じが気に入りました。ひねる成形は見ていると簡単そうですが実際にやると難しいのです。トルサードの形の成形をするのは今回で3回目でしたが以前よりはまだマシ?になってきました。初めて習った時はイモムシみたいっだったな~。

baguette p baguette p1 
復習で焼いたバゲットです。今回は粉と成形を変えてみました。やや両端を細めにしましたがやはりオーブンが狭い為に毎回片側がどうしても焦げてしまいます。下の片側部分は少し炭化してしまいました。普段教室で作る製法とは異なるので、できあがるのに少なくても5時間~丸1日以上かかる為、失敗すると本当にがっかりです。サイズダウンしてまた作る予定です。オーブンの火力の問題やら発酵の問題やらまだまだ確認してやることが山積みです。バゲットにクリームチーズとオレンジのジャムの組み合わせに今はまっています!

バゲットもクロワッサンももっと上手にできるようになりたいなと思います。

       手づくりパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

  

花の季節と最近のパン

 ブログの更新がすっかりご無沙汰になってしましまいました。すみません!今真夜中です。今週もなんだか忙しくあっという間に過ぎていきますが今月まだブログを更新出来てない!焦ってこんな夜中にパソコンを開いています。

5月の特別レッスンも始まっておりますが特別レッスン初日にお写真を撮影させていただくのをすっかり忘れていました。
3名様のレッスンでみなさん本当にきれいに焼けていましたのに。。失礼いたしました!

個人的な話ですが4月より毎週のようにパンの猛特訓に励んでおります。昨年1年間はハード系のパンのセミナーに通っておりましたが、そこでかなり知識不足、実習不足を痛感しました。今までのやり方と異なり全然上手くできなくて本当にヘコミましたので今年度は一度頭をゼロにしてパンそのものの勉強をし直すことにした訳です。

特にハード系のパンは自宅で満足いくように作るにはいろいろ課題がありますので大変ですが今年はたくさん勉強してパンも焼いて焼いて焼きまくる?ストイックな1年にしようと思います。う~ん、でも腱鞘炎の悪化も気を付けようと思います。(苦笑)

そんな訳でレッスンもブログもちょっとペースダウンしています。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

        flower_20160513024744264.jpg 
今教室のベランダのお花が満開です。シクラメンは先週でで見頃が終わりました。(とても頑張って咲いてくれました)花によっては年中咲いてくれる種類もあります。基本、丈夫な鉢ばかりを置いています。

        maffin.jpg 
これはマフィンです。酵母も小麦粉も型も違います。復習で焼きました。甘いものをぬっても何かはさんで軽食にしても美味しいです。最近ハード・パンの勉強が続いていたのでこんなふんわりした生地のパンが嬉しいです~。 

      
baguette_20160513024722d30.jpg 
奥のバラ2種類はベランダで咲きました。6輪ほど咲き始めました。とても良い香りで癒されます。バラが大好き過ぎてバラ辞典を買ってしまいました。たまにふむふむ読んでいます。
手前は復習したバゲット。最近苦手なバゲットばかり焼いています。苦手なものは回数をこなすしかないのです。特に成形が難しいです。粉、製法、成形、クープが違うものを何種類か習いました。頭が???です。この日は暑くてうっかり少し発酵させ過ぎてしまいました。外見は良くなかったのですが内層と味は心配していたよりは大丈夫でした。でも自宅の環境で納得いくようなパンを焼くためには、まだまだ分析と練習が必要です。
    
      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

最後まで大事に。3度楽しめる「お楽しみパン」

GWにいよいよ突入ですね。でも地震後の熊本の被災者の方はGWどころではなくなってしまいました。本当に気の毒でなりません。GWなのに観光も大打撃で大変です。心から早く皆さんが普通の生活に戻れますようお祈りしたいと思います。

私は特に今年は遠出はしませんがいくつか予定をたてました。
個人的な予定ですとまず普段のレッスンのパンではなく、今まで習ったパンの復習をしようと考えています。
それと数人の友人達とも会うことになりました。これは久しぶりなのでとても楽しみです。他にもしばらく会えずにいる友人達がいるのですがGW中に全員に会うという訳にもいかないためそれはまた先々に必ず約束しようと思います。

なお、お知らせですが本日メルマガご購読の方には6月のスケジュールをお知らせいたしました。ご購読の方はすでにご予約を受け付けております。明日HPの方でもスケジュールを更新いたします。ぜひ6月もご予約をお待ちしております。(6月の体験レッスン開講はまだ未定です)


さて先日、今勉強の為に通っているレッスンで習って作ったパンを自宅に持ち帰りいろいろな食べ方をしました。
サプライズという意味のあるパンですが丸い型に入れて焼きあげます。その焼き上げたものをカットしていろいろアレンジができるのです。
楽しみ方①サンドイッチを詰めて
c lesson c lesson1 
左:焼き上げたライ麦入りのパンはこんな風にリボンをかけてパーティーに持っていったり食卓を華やかに演出できます。
右:リボンを取り蓋を開けるとサンドイッチが出てきます。丸い型に入れて焼くと蓋部分は膨らみます。本来は型から上にはみ出た部分がちょうど線のようになるのでそれをブレッドナイフでカットして中味をくり抜いてサンドイッチにします。私ははみ出た部分より少し上気味にカットして中味を多く取りました。また蓋の裏部分も少しくり抜きサンドイッチ用に加えました。(先生もやっていました)
くり抜くのは前にいた教室で何度もやっていたのですぐできましたが初めての場合は少しだけコツがいるかと思います。サンドイッチは「生ハム、ハニーマスタード&粒マスタード、グリーンリーフ、ブラックペッパー」「スモークサーモン、ハニーマスタード&マヨネーズ、グリーンリーフ、ディル」の2種を詰めました。
楽しみ方②キッシュ風グラタン
c lesson2 c lesson4
左:サンドイッチを食べた後、パンの入れ物になります。あらかじめ作ったグラタンを入れて作りおいてあったトマトソースとチーズをかけて軽くオーブンで焼きました。
右:冷めたら切ります。断面図。具を入れ過ぎてカットは大変でした。少し控えめにする方が倒れないので良いと思います。
楽しみ方③クルトン
crouton.jpg sel.jpg
左:カットした蓋の部分(一番上の写真の蓋部分を参照)は2日ほど袋に入れたまま放置し少し乾かします。固くなってきたら1㎝角にカット。
ビニール(ボールでもOK)にパンとハーブソルト、ガーリックパウダー、(写真右)オリーブオイルを入れシャカシャカ振り混ぜます。オーブンで焼いたら「クルトン」の出来上がりです。味を付けずオリーブオイルのみで焼いてもOK・サラダ、スープの具材にします。

さくさくポリポリ美味しくそのままでもいけます~。止まらない。。食べながら思い出した事があります。昔に祖母がお正月の鏡餅をカットして乾燥させてから油でさっと揚げて塩をふって「お手製あられ」をたくさん作ってくれたのです。今は母が作ってくれます。それが美味しいんです!

この出来立てのクルトンもそんな余ったお餅のアレンジと同じでパンに変わっただけです。外国でパンを最後まで大事に食べる工夫です。国や場所が変わっても食べ物を大事にすることは同じで最後まで無駄にせずにいただくことが大切です。

学校から帰宅した息子がサラダにのせる前に「うまいうまい」とぼりぼり半分以上食べてしまいました。でもこれはこれでいいか。クルトンは余った食パンなどでもできますのでぜひやってみてください。今回はこうして1つのパンで3度楽しみました!美味しかった


※私の「プロフィール」のページにも以前作ったライ麦パンのアレンジの写真が載っています。そちらのパンには蓋そのものの写真は載っていませんが蓋部分はガーリックトーストにしてあります。

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

「日本茶」と「紅茶」

 先日のレッスンでスリランカに転勤なさったO様とお子さんが一時帰国中でお忙しい中レッスンにご参加してくださいました。お友達のI様も誘ってくださりご一緒にご参加くださいました。ありがとうございます!お二人ともとても手際がよく綺麗に焼きあがっていましたよ。

お子さんのRちゃんも少し大きくなっていましたが、現地で幼稚園にも通いだし楽しんでいるようです。たくさんおしゃべりしていてとても可愛かったです。スリランカのお土産の紅茶のティーバッグとO様のご祖父母の作る美味しい日本茶をお土産にいただきました。お茶尽くしで嬉しいです。この日本茶は宮内庁御用達だそうですがまだ一般では購入できないそうです。とても美味しいのでいつか購入できると良いなあと願っております。

またスリランカの紅茶もティーバッグ一つ一つが手作りで、インド人と日本人のご夫妻が営んで作っている紅茶だそうです!いろいろな種類が入っていました。どれも飲みやすく美味しかったです。本当にありがとうございました。

O様は外国と日本とのオーブン事情の違いに悩まれているとの事です。またご帰国の際はお時間がありましたらぜひお立ち寄りくださいませ。I様もまたぜひお待ちしております。今回お二人が楽しんでいらっしゃったようで本当に良かったです。


         osama (2) 
スリランカのお写真も送ってくださいました。とても綺麗なので載せさせていただきました~!素敵です。スリランカ、熱いですが体調に気を付けて頑張ってください!
         osama_20160418192511701.jpg
右は日本茶です。貴重な美味しいお茶です。左のかわいい象さんのラベルとリボンのついた袋には紅茶のティーバッグ入っています。日本茶も紅茶もウーロン茶も同じ葉からできて発酵させないかさせるか、あるいは半発酵なのかで変わるのです。もちろん葉の産地などで味も香りも変わるので本当に様々な種類があるそうです。
      tea and tea cup 
手前は上の象さんの袋に入った1個1個が手作りのティーバッグです。丁寧な手仕事ですね。早速おススメの「UVA」をいただいてみました。とてもすっきりと飲みやすいです!奥のお気に入りのティーカップでいただきました。母の友人の手作りカップなのです。絵付けの先生だそうでなんと本場のウエッジウッドの工房で学んだことがある筋金入りの腕前の方にプレゼントで頂いた大事なカップです。(持ち手も繊細で細く洗う時に割らないかと毎度緊張してしまいますが…)でも素敵な器でいただくとさらに紅茶も美味しいです!ありがとうございました!

      
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

桜と春の炊き込みご飯

暖かい春の日差しと雨の日の繰り返しで、桜の花ももう散ってしまうかも知れませんね。
今年も「千鳥ケ淵」に桜を見に行きました。遊歩道をぐるりと散歩しました。
本当にきれいです。ちょっと曇っていましたが、やはり桜の花はいいですね。


    chidorigafuji.jpg  
    chidorigafuji2.jpg
      chidorigafuji1.jpg


スーパーで生の桜エビが売っていました。わ~。旬の味覚です。
生食で食べても良かったのですが、お刺身用の貝柱と合わせて「桜エビと小貝柱の炊き込みご飯」にしました。

昆布、だし汁、醤油、酒、塩の味付けですが、桜エビと小貝柱からも風味の良いおだしが出て美味です。桜エビも柔らかな食感です。三つ葉や木の芽があれば飾ると良いですね。(無かったので省略)

ちなみに我が家は炊き込みご飯がたくさん食べたいが為に1升炊き用の炊飯器を使用しています!(笑)

生の桜エビを見つけたらぜひ作ってみてください。
かき揚げもいいですが炊き込みご飯も美味しいですよ!

      sakuraebi&kaibashira gohan
      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

いろいろ作ってます

 3月も最後の週末が終わりましたね。
教室からお知らせです。31日(木)、リクエストレッスンの「ツナマヨパン」の追加レッスンを行います。(お子様OKクラス)
先着であと1名はご予約が可能です。ご参加ご希望の方は
29日(火)までにご連絡をお願いいたします。
        
tsunamayopan.jpg 
「ツナマヨパン」ツナとコーンとマヨネーズフィリングです。マヨネーズの焼ける香りはたまりません!我が家の男子メンバーもこれは大好きなお惣菜パンです。お子様から大人の方まで美味しく食べられます!

この「ツナマヨパン」ですが現在は紙型に入れております。以前受講なさった方で紙型のサイズ等を確認なさりたい方はご連絡ください。



~試作でいろいろ作ったパンのお写真です。~

(写真下)…発酵かごを使用したカンパーニュに見えますが実際は発酵かごには入れずに成形したものです。ブルーべりージャムをのせていただきました。素朴ですがシンプルなパンはアレンジのバリエーションが広がります。
 
        bread and blueberryjam 


(写真下)セミナーで習ったブリオッシュでどうしても作りたかった「ボストック」を作りました。

焼き上げて1日たって落ち着いたブリオッシュを切りラム酒入りのシロップを打ち、アーモンドクリーム、アーモンドスライスをのせて焼いたものです。もとはパン屋さんで残り物のブリオッシュをアレンジしたものだそうです。仕上げに粉糖でお菓子のような美味しいパンに変身です!「ボストック」の為にブリオッシュを焼きたい気持ちになります。。

        bread sweet

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

タイの甘くて酸っぱくて辛いスープ

 暖かくなった~と思いきやまた厚手のコートを引っ張り出しています。コロコロ変わる気温差に私も対応できていませんが皆さんはいかがでしょうか?

先日頂いた海外のお土産をご紹介します。タイ旅行のお土産でフリーズドライのスープとカレーをいただきました!パッケージが洗練されていますね。おしゃれです。スープ、カレーが2種類ずつ入っていました。

写真:左より「トムヤムクンスープ」、「トムカーカイスープ」、「チキンマサマンカレー」「チキングリーンカレー」の4種類。
               thai chef 

タイには行ったことがありませんがタイ料理は大好きです!でもタイ料理はハーブやエスニック系食材を使うことが多いので全て揃えて自宅で作るとなるとちょっと大変ですし毎日は作らないためレパートリーが少なめです。なのでこのシリーズはとても手軽で嬉しいです。早速今まで食べた事も聞いた事も無かった「トムカーカイ」のスープをいただきました。白い色のスープです。

タイ中部の伝統的なスープでチキン、ココナツミルク、ガランガルの入った酸っぱくて甘くて辛いスープです。(とスープの箱に入っていたパンフにあり)


       thaisoup.jpg 
パンと一緒に食べてみました。美味しい~。フリーズドライですが本格的なスープでした。海外に行くと現地の食材探しが楽しいですね。
本当にありがとうございました!他の物も食べるのがとても楽しみです。タイ、いいですね!辛くて甘くて酸っぱいスープ、これは自宅でも再現してみようと思います。

        手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

ひな祭りは…

3月のレッスンが始まりました。花粉もすごいですね。私は毎年秋の方がつらいのですが今年は花粉も多いようで春も反応しております。。

さて昨日は「ひなまつり」女の子のお節句でしたね。我が家は女の子はいませんが毎年「ちらしずし」を作ることになっています。

ところが今年は皆がそれぞれいろいろ忙しく家族が揃わない事態に。「ちらしずし」は大好きなのでどうしても食べたいし、、。ということで迷った結果やはり今年も作ることにしました。

昨日はまず初めに「桜餅(道明寺)」を作り、次に「ちらしずし」の具材を煮ている合間に大洗濯やら掃除やら雑用をタイマーを駆使しながら何とかやるべき事を全部済ませていきました。無事に「ちらしずし」も作り終えました。

我が家は主人の父の家も私の実家も近いのでそれぞれの家にお土産に…。家族も両親達も喜んでくれたので良かったです。

冬場は「ちらしずし」の翌日は「蒸しずし」にします。これもホカホカ美味しいです。


            sakuramochidomyouji.jpg
(上)桜餅(道明寺)。今年は桃色の道明寺粉を使用。ふんわり桜の葉と桜の花の塩漬けが春を感じさせます。出来立ても本当に美味しいのでぱくぱく食べられちゃう危険な和菓子です。 
            chirashizushi.jpg 
(上)「ちらしずし」…お土産用に和菓子用のお重に詰めました。(和菓子用お重なので仕方なくラップをひきました)
具材は 干し椎茸、かんぴょう、人参を煮たもの。レンコンの甘酢煮、穴子、いくら、卵、エビ。桜のでんぶを用意していたのに、のせるのを忘れてしまいました。絹さやも買い忘れてしまい、ほうれん草を使用しました。今年は忘れ物多し。

             
chirashizush1i.jpg 
(上)上のおすしを詰めたお重を布で包んで桜餅と一緒にお土産に。「ちらしずし」や「桜餅」を持ってお花見にでも行きたくなりますね。
          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

ピザとスコーン

 先日の日曜に冷蔵庫の中に「カチョカバロ」がまだあったことを思い出しました。

「カチョカバロ」・・イタリアの火を通さない硬質のチーズです。袋のようになって口の所に糸で縛ってあるチーズでここ数年人気です。

自宅にあったのは国産(北海道)の「カチョカバロ」。薄切りをサラダにのせたりフライパンで焼くのも楽で美味しいのですがピザを焼いて具でのせたところ美味でした!モッツアレラチーズのように伸びがあってトローリします。具材は冷蔵庫にあったトマト、ベーコン、ハムでした。
            pizza_20160225144541fe2.jpg 
ピザ:生地は以前に特別レッスンでご紹介したレシピで作りましたがまた配合を変えてみようかなと思っています。

月曜のレッスン後に「スコーン」を焼いて実家に持参しました。急に食べたくなったのです!バターの値段も高騰しているのとケーキ全般の糖分とカロリーも気になるということもあり、最近正統派のケーキ類は全然作っておりませんでした。

でもカジュアルな焼き菓子系は思い立った時に短時間で作れるので良いですね。たまにですが作ろうかな!という気になります。
私のスコーンは綺麗に型抜きなどせず大ざっぱですが、ぱっぱっと四角に切り、カットして余った生地は丸く手早く成形します。その方があまり生地もバラバラ出ない上、成形にかかる捏ね直しがほとんどないのでサクッとふわっと仕上がるのです。

焼き立てのスコーンは、クロテッドクリームといちごジャムでいただきました。たまにはスコーンもいいなあと思いました。実家でも両親が喜んでくれました。(持っていくのはいつもパンなので珍しがられました!)


             scone.jpg 

             scone1.jpg 
        手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

かわいい「ブラックサンダー ミニ」

 先日いただいたお菓子を紹介いたします。
「ブラックサンダー」というチョコレート菓子をご存知でしょうか?

             blackthnder.jpg 
我が家では息子達がたまに食べていてどうも男子学生の間では定番チョコらしいようです。(コンビニで買うそうです)
以前、京都大学の生協でもお菓子部門、売上NO1だったそうですね。

私はロンドンオリンピックで体操の内村選手が優勝した時にお母様が応援席から内村選手にブラックサンダーを束ねたものを投げて渡していたのを見て初めて知ったチョコでした。ブラックの名の通り、中はココア風味のチョコレートでクランチのサクサク感があります。見た目より甘さも控えめで意外とはまります。

去年夫が北海道のお土産で息子達からのリクエストの北海道限定「白いブラックサンダー」を買ってきました。これも甘さが控えめで人気のようで食べやすかったです。

今回いただいたのは「ブラックサンダー ミニ」という可愛い食べきりサイズのものです。ちょうど良い大きさでヴァレンタイン使用のパッケージや工場が愛知県豊橋市にあるので豊橋銘菓ということで豊橋のマスコット「トヨッキー」のパッケージなど見たことのないレアなものに息子が「こんなの初めてみた!」と喜んでいました。

パッケージには「若い女性に大ヒット中!」というキャッチコピーが書かれていました。「若くはない女性も食べてるぞ~」とついツッコミを入れてしまいました。

Y様、レアなお菓子を本当にありがとうございました!
家族で楽しく美味しくいただきました!


         手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」 

バゲットはやはり奥深い

お元気にお過ごしですか?先日4月のスケジュールも更新させていただきました。すでに早々にご予約もいただいております。ありがとうございます。まだ先々のご予約ですが教室にいらっしゃるのを楽しみになさってくださっているというお話を伺いますととても嬉しい限りです。
毎度の事ですがレッスンにて皆様に楽しくお過ごしいただけるよう万全を尽くしてレッスンに備えたいと思います。

4月より都合によりしばらく土曜日レッスンの開催ができなくなります。また若干レッスン日も少なくなる関係で現在いらしていただいています生徒様のご予約を最優先とし体験レッスンは4月より少し募集を休ませていただきます。

ただしご予約状況により体験レッスンを開講できる場合はその都度お知らせする予定です。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。どうぞよろしくお願いいたします。

今月はバゲットを何度か焼きました。長らく自宅でバゲットやハード系のパンを美味しく焼くのにはどうしたら良いのかなという事が私の中で勉強のテーマの1つになっています。難しい上級者向けのパンですし家庭のオーブンで上手く焼き上げるということには課題があります。勉強すればするほどいろいろな製法、成形の仕方、時間配分なども頭の中いっぱいになってよくわからなくなります。またこれをもし先々レッスンで反映するにはどうしたら良いのか等、悩むことが多いです。
          baguette.jpg 
これは何度も参加しているA先生のセミナーで習い、復習生地を自宅で焼き上げました。セミナーで習った通りにいつもと違うオーブン使いをしてみました。でも柔らかい生地の成形、柔らかい生地へのクープにも課題が残ります。クープは3本と4本でしたがレッスンでも自宅でもクープが入れずらく浅めであまり開かなかったので生地作りからおさらいしてみようと思います。でも今回習った焼き方は生地がよりもっちり美味しくてなかなかでした!優しい味の国産小麦の良いところが引き出せるなと思いました。家族にはハムとチーズのタルティーヌにして食べてもらいました。
  
          baguette2.jpg 
②このバゲットは復習生地はなくセミナーで全て焼き上げて持ち帰りました。このセミナーのB先生にはまだ2回ほどしか習っておりません。いつものA先生のやり方で成形していたところ横に来たB先生に「はっ!」と息を飲まれて目を見開かれたので私の方がびっくりしてしまいました!横からすっとお手本をやって見せてくださいました。先生は生地の扱いが本当にソフトで「もっともっと優しくね!」と笑顔で言われました。なるほど~!かなり優しく扱ったつもりでしたが…。

最後のクープ入れの時はB先生のデモのバゲットと私のバゲットは同じオ―ブンで焼くからと先生のデモの後に他の方達より先にクープを入れることに!先生の後、じ~っと皆が見る中で本当にやりづらかったです。。。このバゲットは①のものと違い外国産小麦を使用していますし製法も成形も違います。セミナーのオーブンもすごくパワーがあり自宅とは違います。でもこのバゲット、皮がバリッとして本当にバゲットらしい味わいで好みでした。

私は国産小麦オンリーということにはこだわっていないので、普段焼くパンも自分の好きな味に仕上がる小麦を探しながらいろいろ試しています。
A先生は「パンには正解がない。」「形も綺麗になっていればそれは一番いいけれどまず味じゃない?」とおっしゃいました。

A先生のおっしゃることはもっともだなと思います。セミナーで2人の先生に習ってみて小麦の違い、製法や成形の違いも以前より理解できました。本当に人によりやり方も様々ですね。
また復習してみたいと思います。
         手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」       

びっくりしたメールでした!

 今日は暖かな1日でびっくりでしたね。今日のレッスンでも発酵が良く皆さん美味しそうに焼き上がっていましたよ。
メルマガをご購読の方には本日お知らせいたしましたが、4月のレッスンスケジュールはHPにて明日更新いたします。ご予約をお待ちしております。レッスン日が少ないので体験レッスンは状況により開催しようと思います。


昨日の話ですが、生徒様からいただいたメールに本当にビックリしました。

メールにはとっても美味しそうな「ベーコン・エピ」のお写真が添付されていました。
「わ~、私も食べたい~!美味しそう!」と思いながらよく文章を見ると…

「余談ですがパンをこねて1時発酵してる間にトイレに行ったら《おしるし》がきました(笑)」とありました!

「え~!!おしるし?!」…思わず声をあげてしまいました!

生徒様の中にはまだご結婚前の方もいらっしゃるので説明いたしますが、出産直前になると少量出血のようなものがあるのですがそれを「おしるし」といいます。

「おしるし」が来てもすぐに陣痛が始まる場合やちょっと時間がかかることもあるので何とも言えませんがとにかく病院へ行き出産に備えるということになります。

さすが!お産直前までパンをこねていてなおかつ冷静!「(笑)」まで書いてあり余裕です。最後まで立派に焼き上げて…ホントにびっくりしました。私もしばらくパンを教えておりますがこんなお話は初めてで心から「すごいな~!」と思いました。

でもパンをこねている時って皆さんリラックスなさっていると思います。
そのままリラックスなさった気持ちで無事にご出産なさることをお祈りいたします。

生まれる赤ちゃんはきっとママの作るパンが大好きな子なのでしょうね。
H様、また落ち着いたらぜひお待ちしております

さて明日はバレンタイン・デー。「ショコラ・カンパーニュ」を焼こうと思っていましたがやめました!仕事柄もあり家族に「またパンか!…」と言われるほどパンにあふれてる毎日。パン焼きは小出しにした方が感動されますね。(笑)

暇そうな次男を巻き込んで「フォンダン・ショコラ」を作りました。簡単なのでこれなら男子も大丈夫。(バレンタインのチョコレートを本人に作らせる私。一応準備したチョコレートはありますが。。)手順も簡単なのであっという間にできました。とろ~り中は生チョコレートの状態です。リキュール漬けのドライチェリーを作ってあったので中にはそれを入れて、外にはいちご。ビターチョコレートで作ったので甘さはくどくなくてちょうど良かったです。

焼き立ての熱々の流れるチョコレートも美味しいですし冷やしても美味です。
ちょっとしたデザートとして完食でした!

           fondant au chocolat 

           fondant au chocolat1
          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

寒い時期には…

寒い時期に作ろうかなというパンというと「クロワッサン」でしょうか。
普通のパンを作る時と違ってバターを折り込む作業を繰り返すのですがその温度管理も難しいのです。

クロワッサンもお店によりタイプが異なりますし人により好みも違いますね。
ザクザクした男前な食感、繊細なホロホロっとする食感、かなりの修業も練習も必要です。お店では機械で伸ばすものを家庭では人の手で手早く均一に伸ばさないといけません。でも折り込み作業は楽しいです。

今年は去年までの物と比べていろいろ配合その他を見直して変えてみました。納得するようなものが出来るまでまだまだ練習が必要です。
冬は折りこみ修行でしょうか。出来上がるまでにも長時間かかります。
なかなか一筋縄ではいかない難しいパンです。

             
croissant1.jpg
(左)クロワッサン&リンゴのデニッシュ。教室で作ったのですが大きい容器を忘れてしまい自宅に持ち帰るまでに崩れかかっておりました!涙

 crissant2.jpg croissant.jpg 
(上)こちらの2つは上の物に比べてザクザクした男前なタイプ。左と右は少し配合が違います。
            pain au chocolat
(上)大好きな「パン・オ・ショコラ」。お店ではクロワッサンもいいけど「パン・オ・ショコラ」を買う率も多いです。これは天然酵母で作っています。

暑くなると作りにくいパンなので寒い間に勉強したいと思います。。

ギフト

 昨日は体験レッスンがありました。みなさん「きほんのまるパン」がとても綺麗に焼き上がっていました。またお写真は後日に更新予定です。
また昨日はいつもいらして頂いている生徒様が初パン作りのお友達とご一緒に再度の体験レッスンを受講なさってくださいました。
リピート受講なさっていただきありがとうございます。すでにお上手な生徒様なので「丸ぱん」を余裕で作っていらっしゃいました。さすがです!

新しく始められた方々も、初回は初めての事ばかりで戸惑うこともあるとは思います。でもだんだんと作っていくうちに手順も慣れてきますのでぜひ楽しみながらレッスンにご参加くださいね。

さて、少しお時間が経ってしまったのですが、以前いただいたギフトの紹介をぜひしたいと思います。2つありましてどちらもお飲物です。
商品こそ違いますが共通しているのはギフトをくださった方のご親戚が経営をなさっていて作っている商品ということです。

             shincya.jpg 

上)静岡県沼津市「小野農園」さんの「新茶」…これは昨年いただいたのですが賞味期限に余裕がありましたのでお正月用に大事にとっておき、元旦に淹れたての緑茶をいただきました。以前にも一度いただいて本当に美味しかったのですが元旦からとても美味しいお茶がいただけて何よりでした。三が日はお茶請けにした栗きんとんや杏のシロップ煮などと一緒に楽しみました。
後で伺ったのですが御親戚が経営して作っているお茶だと知りビックリ!しかも宮内庁指定農家さんだそうです。美味しく高品質なものをずっと作っていくという事はすごいことです。甘みがありまろやかなお味でとても香りの良いお茶です。どちらで購入できるのか伺っていなかったのですが機会があればぜひ購入させていただきたいです。お茶は毎日かかせないのですが美味しいお茶は全然味も香りも違いますね。ギフトにもとても喜ばれると思います。
 


             gift_20160206005512b27.jpg 
(上)広島県福山市鞆町の「保命酒屋 鞆酒造株式会社」の「保命酒(ほうめいしゅ)」…保命酒、初めていただきました。お酒なのですが原料はもち米、米麹、16種類の自然生薬を時間をかけてゆっくり抽出したものなどで作られています。江戸時代福山藩を代表する幕府への献上品だったそうで幕末にペリーやハリスが来航したときに宴会の食前酒として飲まれたといわれているそうです!今は扱っているお店が4件のみだそうです。すごい老舗なのですね!ご親戚と伺いビックリでした。

私はまずオンザロックで少しいただいてみました。(温めてもいいですね)「あれ、この味って…」よく知っている味なのです。お正月のお屠蘇(とそ)に似ています。確認したら、やっぱり!お屠蘇にも含まれる漢方薬草とこの「保命酒」に含まれる生薬で何種類か同じものが入っていたのでした。添付の説明書によると例えば生薬により異なるのですが貧血、風邪、ぜんそく、便秘、胃腸病、婦人病、冷え、滋養強壮、下痢などその他にもいろいろと効き目があるそうです。味も甘くてとろんとした喉ごしで私は好きな味です。ごくごく大量に飲むというより、毎日ちょっとずつ健康酒としていただくと良いと思います。

保命酒には自然の甘みがあるのでいつものドライフルーツのリキュール漬けにも少しブレンドしてみて自宅用にも楽しもうとも思います。
通販もなさっていますのでご興味のある方はぜひ一度試されるのをお勧
めします。私も実家や義父にもギフトで贈りたいなと思います。

それぞれがとても丁寧に作られている素敵なお品です。
貴重なお品を本当にありがとうございました!

       
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

久々に「カンパーニュ」

今日は節分ですね。無事に昨日より2月のレッスンもスタート。皆さんの美味しそうなパンはまた別にご紹介しますね。

レッスンを初めてまもない方も多いので再度の説明になりますが…毎回レッスンで材料の詳細をお知らせしておりますが教室のすぐそばにショッピングセンターがあり材料を扱うお店があります。そこでほとんどレッスンで使用した材料が揃ってしまいます。本当に便利!

地下鉄の通路を利用すると雨の日もあまりぬれずにたどり着くことも可能です。生徒の皆様も大体レッスン後はお店に寄って行かれるそうです。私も近くなので頻繁に利用しています。他にお料理用、製菓用材料も扱ってますので、復習なさりたい方もそうでなくともお店を覗かれるときっと楽しいと思いますよ。

さて今日は午前は「ショコラ・カンパーニュ」を焼きました。そして午後には節分の日なので「飾り巻寿司」を作りました。

最近「カンパーニュ」は焼いてなかったのですが今日は甘いカンパーニュ。
付け合せやタルティーヌやオープンサンド用ではなく単体で十分美味しいデザートのようなパンです。

canpagne.jpgcanpagne1.jpg
フルーツもちょっと多めに入れちゃいました。久々の「ショコラ・カンパーニュ」はやっぱり美味でした。またヴァレンタイン前に作ろうと思います。

kazarimaski.jpg petitpan.jpg 
左)太巻きでない四角い方の「飾り巻」の形は今日初めて作りました。少しモザイクがずれかかってしまいましたが初めてにしてはまずまずだ?と自己満足しました。飾り巻は特に切ってみないときちんと形になっているかがわからないのがちょっとハラハラします。次回はもっときれいに出来るようにしたいと思います。
(右)先週また違う配合で復習で作った「プティ・パン」。こちらはまだまだ改善するところがありそうです。

今月の特別レッスンの「コーヒー・シナモン・ロール」は大好きなので本当に何度も作ってます。家族もきっと飽きているでしょう。。
なのでたまにはレッスンで作らないパンを作るのが練習にもなって良いのです。


「カンパーニュ」」にクリスマスの「パネトーネ」の時に作ったフルーツに昨日仕込んでおいた別のドライフルーツのリキュール漬けも足して具材にしました。レッスンでもプレーンか、もしくはなにかしらの「カンパーニュ」はやりたいのですが時間が長くかかるのでどういう形のレッスンにすればいいのかは熟考しなければですね…。。リクエストもいただいております。う~ん。悩むなあ。

           手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

パンの復習

 全国で雪のところが多いですね。風邪も流行っていますので皆さんも体調には気を付けてくださいね。

さて以前に講習会で習ったハード系のパンの復習をしました。
自宅で復習する時は講習会と同じ粉ではなかったりまた使用するオーブンやその性能が違う事が多いので習った時とは同じようにはいかないことも多くあります。
一般にハード系のパンは家庭で上手に焼くのは難しいと言われています。それでも何とか美味しいものを焼きたくて試行錯誤の毎日です。納得したパンを作る為にもうちょっと勉強を続けようと思います。

自宅ではなく講習会の時ですら成形やその他もろもろが「はあ~(うまくいかない)」と落ち込むことも多いです。昔からあまり要領も良くなく飲み込みが悪いタイプです。だから練習が人の倍以上必要になってきます。また同じタイプのパンでも講師の先生によって酵母の種類、やり方、成形の仕方が違っていて大混乱することも…。でもたくさんのやり方があるのだと解釈して失敗してもまた開き直って勉強することが大事なのかもしれないな~とずるずる引きずらずにポジティブに考えています。

 noix raisin  fig nuts 
(左)くるみやレーズンなどを混ぜ込んだハード系パンです。表面のライ麦は細かいタイプをふるいました。
(右)こちらは中身を変えてイチジクやアーモンド等を混ぜ込み、表面のライ麦はやや粗めのタイプです。上の物とは配合も異なりクープがいれずらく、イマイチ思うような仕上がりになりませんでした。


          petit bread
(上)クラッシックなパン。タバチュールとシャンピニオン。クラッシックなパンも大好きです。結局このタイプのパンを今までイースト、生イースト、天然酵母の3種類で作ってみました。配合によって違うのはもちろん成形の仕上げ方が習う講師の先生により異なっていますがそれぞれ勉強になります。自分で作りたいパンはどんなパン?どうしたら失敗なくできるのか?と問いながらまた復習してみようと思います。

          
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

「あらびきソーセージのパン」焼けましたよ~

今週は寒いですね。パンも寒い時期は発酵がゆっくりですね。冬にのんびりパンを焼くのもいいものです。

まずお知らせがございます。新年になりましてご予約状況が少し変わりましたのでお1人様がご予約できる回数を3回分とさせていただきます。(一時2回分までとさせていただいておりましたが増やします)3回分ご予約なさった方はレッスンが1回分終了しました時点で次のご予約を承ります。

なお体験レッスンは現在多く開講ができなく迷惑をおかけしております。2月はまだ残席がございます。
3月のレッスンのスケジュールはもう少々お待ちください。週明けに一部お知らせする予定です。

また4月より都合により土曜日のレッスンの開講ができません。ただし月に数回ではありますが、日曜、祝日は開講の予定です。

現在平日は比較的ご予約を取りやすくなっていますが、教室では「大人のクラス」、「お子様のOKのクラス」と選択できるようになっております。どの日も一番初めにご予約頂いた方のご希望のクラスやメニューとなりますのでご自身のなさりたいメニューがお決まりの場合はお早目にご予約いただくと良いかと思います。


今月は久々にリクエスト・レッスンの「あらびきソーセージと粒マスタードのライ麦入り編みパン」のレッスンがあります。
このメニューは以前より人気のパンです。今月に入りやはり寒いので確認の為に焼きました。やっぱり焼き立ては本当に最高です!家族もみなこれは大好きで自宅に持ち帰ったらすぐ無くなってしまいました。

          petitchocolat3.jpg 
右は「あらびきソ-セージと粒マスタードのライ麦入り編みパン」と左は「牛乳ちぎりパン」です。

         arabiki milk  
おやつタイムに温かい紅茶やコーヒーと焼き立てパン…いかがですか?

     手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

②クスパプレゼントの商品は?

 前回のブログの続きでクスパさんから当選した商品の紹介第2弾で2種類ご紹介します。いろいろな商品を買う時に買いたいなと思っても実際どうなんだろうと考えてしまうことってありませんか?できれば失敗は嫌ですね。

今回ご紹介した商品も私が実際に食べてみたり飲んでみたり、また実際にその商品を使って試作してみての感想です。好み等は人それぞれ違うとは思いますが、お買い物の際のご参考になさってみてくださいね。今回の商品はどれも美味しかったので試すことができて良かったです。品質も納得の物ばかりでした。食のレポートのようになってしまいましたがこんな食材探しって楽しいですね!


「明治屋 おいしい缶詰 国産小いわしのオリーブ油漬(柑橘風味)」
明治屋さんというだけで安心な気持ちになりますが缶を開けると国産の小いわしのオリーブ油漬がぎっしりでオリーブ油、みかんピューレや酢、塩に漬かっています。もちろんそのままでも食べやすくて美味しく白ワインにぴったりです。パスタ、小皿のタパス料理、ディップ等もいいですね。私はパッケージを見てすぐに北欧風のオープンサンドを作ろうと頭に浮かびました。他にもこの「おいしい缶詰」シリーズ、たくさんあるのです。試してみたいな。家族が撮影後つまみ食いしていましたが好評でした!
kusupapresent3.jpg kusupapre.jpg 
左:写真が大きく出ているパッケージなので中味がわかりやすいですね。柑橘風味なのでさっぱり食べられます。
右:ライ麦パンを使って北欧風オープンサンドを作りました。本来はスモークサーモンや小エビ等を使用するところを「小いわし」に。ライ麦パンの上にベビーリーフ、「国産小いわしのオリーブ油漬」をのせて柚子マヨネ―ズを絞ります。イクラや三つ葉等、刻んだ柚子の皮をのせてできあがり。そうそう、お察しのように、これはお正月の残り物の食材で作ったのです!簡単です。軽いお食事にも良いですよ。


「マルドン クリスタルシーソルト 250g」

マルドン社はイングランド東部のエセックス地方の老舗の塩のメーカーで1823年より伝統的な平釜製法で作っていて英国王室御用達の称号も受けたそうです。同じエセックス地方出身の料理家ジェイミー・オリバーが使用していたのでご存知の方も多いのでは?彼の本にもマルドン社の塩が写真付きで載っていました。私は塩マニアなのすでに自宅でも使用していましたが、主にパンの他サラダ、カルパッチョ、蒸し野菜等にパラパラとかけて使っています。あと意外な組み合わせですがバニラアイスクリームにも合います!(まさに塩バニラ!)まろやかな美味しさで素材の味を引き立てますよ!
kusupapresent4.jpg focaccia shikaku kusupa
左:箱に入って売っています。キラキラしたピラミッド型の塩の結晶ですがガリッとせずにサクサク、ホロホロという不思議な食感です。塩辛くなく、まろやかですっきりとした後味です。
右:型入れタイプの「フォカッチャ」の上に「シーソルト」を振りかけ焼き上げました。2月以降この四角い型入れタイプの「フォカッチャ」はリクエスト・レッスンで今までの「フォカッチャ」同様に受講できるようにレシピも調整していますのでお楽しみに!

「クスパ」による教室紹介のコーナーにて上記のオープンサンド等のレシピを公開しておりますのでぜひご覧ください!


          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

①クスパプレゼントの商品は?

 前回のブログで12月にクスパさんから先生対象のクリスマスプレゼントが当たり食材などが入っていましたと書きました。
その商品は5点あるのですが2回に分けて内容をご紹介したいと思います。今回は3点です。


「G.H.マム コルドン ルージュ 750ml」
柑橘や白桃、アプリコット、バニラやカラメルの香りのアロマに、フルーティーでなおかつキレとまろやかさのバランスがちょうど良い味わいです。スモーク系の前菜や白身系の魚や肉+軽いソースのお料理にも合うそうですので、頂くシーンも広がりますね!ラベルも赤いリボンで気品があって華やかなシャンパンですので元旦のおめでたい席でのファーストドリンクに頂きました!飲みやすくてとても美味しかったです。他にも何種類かあるそうなのでぜひ試してみたいです。
kusupapresent.jpg kusupapresent7.jpg
左:気品があって華やかなボトルです。(原産地フランス:シャンパーニュ地方)
右:元旦の支度のテーブルセッティング途中ですが一度パチリ。お正月、誕生日等のイベントにもピッタリです。撮影後また更に冷やす為に冷蔵庫に戻しました。


「テイラー&カレッジ バニラビーンズグラインダー」

こちらは高級なマダガスカル産ブルボン種のバニラビーンズが細かくなり瓶に入ったものです。ミル付きのグラインダーなので手軽にその場でガリガリと胡椒感覚で挽けるんです!すごい!画期的で感動しました。挽き立ては香りも良いですね。お菓子やパンだけでなく飲み物やお料理にも良いのです。カプチーノなんかにもいいですね。かなりおススメです~。
   
kusupapresent2.jpg kusupapresent6.jpg
左:ボトル自体がグラインダーですので挽き立てのバニラビーンズが味わえます!
右:リキュール漬けのフルーツ作りにも挽き立てのバニラを加えて先月の「パネトーネ」のレッスンにも使用。 

 christmas cookies1 cake aux fruits
左:クリスマスクッキーはジンジャー&シナモンとバニラ味を作りましたがバニラ味の方に使用しました。
右:上で作ったリキュール漬けフルーツを入れてパウンドケーキに。


「竹本油脂 製菓用太白胡麻油 200g」
太白胡麻油は大好きな商品です。焙煎してある方もしてない方のどちらも品質も使いやすさも気に入っています。製菓用でない太白胡麻油を使用してパンやお菓子も作ったことがありますので、今回も楽しみに作りました!胡麻油と言っても無香性の為、胡麻の香りはありませんしヘルシーで生地がしっとり出来上がるため優れものだと思います。製菓用はさらにスイーツの食感や味わいが豊かに仕上がるそうです。 
kusupapresent1.jpg biscotti_201601041732319c8.jpg
左:製菓用と記載してあります。サラダ油の代わりに使えるのでシフォンケーキ等やパンにもぴったりです。
右:太白胡麻油でお気に入りのビスコッティを作りました。たくさん作ってギフトに良いです。美味しくできました!おススメ!

       手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

シュトーレン

 先日大好きなパン屋さんのシュトーレンを買いました。
シュトーレンやパネトーネはもちろん作ることもありますが、どこかしらで買ってみて味の違いも楽しんでいます。シュトーレンはパンタイプ、お菓子タイプがあります。お店によって違いますね。

「シュトーレン」を初めて食べたのはホテル勤務時代でした。ホテルのドイツ人シェフの作る本場のシュトーレンで本当に美味しいものでした。
今でこそ「シュトーレン」はよく知られていますがその頃はあまり知名度もなく売っているお店も少なかったような気がします。

今回購入したのはブーランジェリー「Lecrin(レカン)」のシュトーレンで日持ちのするタイプです。とても美味しくてお茶請けにもピッタリです。
この時ばかりはカロリーを考えずに…と思います。

   stollen recrin stollen recrin1 
(左)レカンのシュトーレンの箱はこんな感じでシンプル!
(右)箱を開けるとショップカードとシュトーレンが入っています。     
           
stollen recrin2
(上)開けると綺麗なシュトーレンが…。少しずつカットしていただきます。「レカン」のは甘さもお酒の感じも使用しているナッツとドライフルーツもちょうどよく繊細な味で美味しいです。
          
stollen recrin3
          手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ!

プロフィール

Petit Chocolat

Author:Petit Chocolat
初心者向けの少人数制の小さな手作りパン教室「Petit Chocolat」(プティ・ショコラ)です。
パンを作るのが初めての方でも大丈夫です!ご家庭でも作れるように丁寧なレッスンをいたします。楽しみながら皆さんの「おうちパン」を一緒に作りましょう。
パン教室で講師経験があります。
JPCA認定 「パンコーディネーター」

体験レッスンの日程

10月13日(日)14:40残席あり11月21日(火)14:30残席あり※今後の予定はまたHPでお知らせいたします

カテゴリ

TOP:ごあいさつ[はじめまして] (8)
教室のご案内、アクセス、教室使用の材料について (2)
レッスンについて (1)
レッスンの種類とお写真、料金と年間スケジュール(2017年~) (1)
レッスンご参加の前にお知らせとお願い、Q&A (1)
お子様連れの方へお願い (1)
ご予約方法&「ご予約フォーム」 (1)
講師プロフィール (1)
各月のレッスン・メニュー&スケジュール (1)
特別レッスン(期間限定・不定期) (2)
体験レッスン・手作りパンができるまで (2)
お知らせ(最新はTOPページ) (16)
パン、食べ物、SWEETS、いろいろ (119)
日々のできごと&レッスン風景 (58)
場所 (20)
生徒様より(ご自宅で焼かれたパンのお写真のページ) (2)

Petit Chocolat

最新記事

Gallery

Gallery 2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

教室メルマガ購読&解除

購読または解除を選び、メールアドレスを入力して送信してください。 メールアドレスに登録または解除の確認メールと直近に発行したメルマガが届きます。届かない場合は「まぐまぐ」のHP内「ヘルプ」欄をご参照の上、再度送信してください。無料です。 ※月末から月初めにHPより一足早くレッスンスケジュール等をお知らせします。

月別アーカイブ

月ごとのブログの内容のチェックはこちらから!

検索フォーム

クスパ

料理教室検索クスパ

クスパ

料理教室検索クスパ

パン教室ナビ

パン教室ナビ

料理教室ナビ

料理教室ナビで教室紹介中!