11
TOP IMAGE
http://petitchocolat1204.blog.fc2.com/

2017-11

教室より お知らせ/「ポン・デュ・ガール」(南仏)

教室からお知らせがございます。

お知らせ その1: 
生徒様がご自宅で焼き上げたパンのお写真を更新しました~! 

みなさま上手に焼けていますね。香りも漂ってきそうなお写真をありがとうございます。
他にもお写真を撮った方がいらっしゃいましたら、ぜひお送りください。
教室で焼いてお持ち帰りいただいたパンのアレンジ(サンドイッチやお食事に添えてなど)のお写真なんかも良いですね。
お待ちしております


お知らせ その2:
教室からの「メルマガ配信」をはじめます!
(準備中ですので近日中に詳細をお知らせします)

生徒様やまたこれからパン作りを始めたいという方にむけて、教室から最新情報(レッスン&スケジュールを含む)、特別レッスンのお知らせなどをHPの更新より先にお知らせしていく予定です。

登録先はまたお知らせいたします。登録も解除もご自由にできます。無料のメールマガジンとなり不定期に配信していきます。

お知らせ後になりますが、ご興味がある方はぜひご登録くださいませ。


建築物(旅の記録) 
   pont du gard1
フランス南部ガール県の世界遺産の「ポン・デュ・ガール」…水道橋で実際に水を供給するのに使われており、1世紀に古代ローマ人により建設されました。世界一高い古代の橋だそうです。美しい形は3層のアーチを重ねた建築構造ですが古代ローマ人の技術力に感嘆します。 

   pont du gard2  

   pont du gard
橋を背にした「ガルドン川」の渓谷の風景です。橋も川も雄大です。

     
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

モナコ…モナコ公国

9月になりましたね。カレンダーをめくると今年もあと4か月ということに驚きます。。私の夏休みの宿題?として取り組んでいたクリスマスのパンの試作も何とか順調に進んでいます。

少し早めですがお問い合わせも多いので10月のスケジュールを一部アップいたしました。すでに10月のご予約のご希望のお日にちがお決まりの方はぜひご連絡くださいませ。


旅の記録です。写真を撮ったのは良いですが整理もしないと大変なことがわかりました。根気がいる作業ですね。

強行な旅で先日の旅の途中、ニース、モナコ、もう1か所と同日に3か所も回ったので帰国してからの記憶と写真整理が混乱してしまいました。

   monaco2.jpg
monaco6.jpg monaco7.jpg
一番上:モナコ公国は世界で2番目に小さな国家だそうです。カジノやF1も有名なリゾート地です。とにかくお金持ちのセレブや大富豪が多いそう。湾にはヨットや大型客船、クルーザーもたくさんありました。
右上:大公宮殿、建物の一番上の方に旗が見えますか?旗がある時は大公が王宮にいる時で無い時は出張中だそうです。(この日はいらっしゃいました!)

monaco8.jpg monaco5.jpg
右:モナコ大聖堂(カテドラル)です。ここでグレース・ケリーとレーニエ公が結婚式を挙げたそうです。二人のお墓や他の皇族のお墓もこの大聖堂にあるそうです。この日は結婚式があったので中を見学することができず残念でした。すごく素敵な教会です。 
      monaco1.jpg 
街にはイタリア料理店も多いです。上の写真はテイクアウトのお店。
どうしてもこんなサンドイッチのてんこ盛りに目がいってしまいます。
    monaco.jpg 
上:モナコで有名なチョコレート屋さん。チョコレートが大好きなのに気温が高すぎて持ち帰るのを泣く泣く断念です。(涙)
        monaco3.jpg
素敵な街並み。色合いが何とも言えないです。テラスでご飯いいですね。
        monaco4.jpg
      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

コート・ダジュール:ニース

 今週は急に涼しくなりましたね。
暑いのは苦手なのでこの位の気温が嬉しいです。

   nice1.jpg                                     今年の夏は本当に暑かったので我が家の麦茶、アイスティーの作る量はすさまじかったです。息子達の飲む量が半端じゃないのです。私がいない間にすぐ無くなるようなので麦茶を自分達で作らせています。

ちなみにうちでは麦茶は2リットルのピッチャーに入っています。店舗用の大きなものです。そうでないととても間に合いません!

「飲んだら作れ」としつこくささやいていたら作るようになりました。(笑)なんでもやってあげすぎず自分でやることが大事です。

さて…教室の生徒様には、少し前に妊婦さんだった方も何名かいらして、すでに今は皆様お産も終わりきっとお忙しい時間をお過ごしでしょうね。生活も落ち着かれましたら、またぜひお子様といらしてくださいね。

また今週はご主人のお仕事の都合で海外に引っ越してしまう生徒様のラストレッスンもありました。寂しいです。頑張ってめきめきと上達なさって、毎回可愛い娘さんといらしてくださいました。お元気で、ぜひ海外でもまたパン作りをなさってくださいね。

毎回レッスンを通じて多くの素敵な方々とご縁が合ってお会いできること、とてもありがたいと思います。

6月の旅の記録の続きの写真です。コート・ダジュールのニース、(上の写真も)6月の後半に行った時は現地はすでにヴァカンスで、ビーチでくつろぐ多くの方がいました。
nice2.jpg nice3.jpg 
左:町の中心にトラムが走ります。右:海岸にはホテル、レストランも並びます。ニースの海は砂浜ではなく小石の海岸です。
マティスやシャガールの美術館もあります。時間があればほんとに行きたかったです。

       nice socca  
上:ニースの名物はサラダ・ニソワーズが有名ですが、もっと庶民的な食べ物で「SOCCA(ソッカ)」があります。前から食べてみたいと思っていたのでトライしてみました。ひよこ豆の粉とオリーブオイルで作るクレープのような食べ物で素朴な味わいです。
旧市街のカフェや食堂に「SOCCA!」とか「SOCCAあります」みたいな表示の立て看板が多くあります。「かき氷あります」とかそんな感じ?でしょうか。(ちょっと違うか…)ロゼ・ワインと一緒にいただきました。隣のおじいさんが、一生懸命フランス語で話をしてくれたのですが、ごめんなさい、わからなかったです!
               
   nice.jpg      
上:高台から見たニースの海岸、フレンチ・リヴィエラともいわれる地域です。ニースは観光地なのでいろいろな面で便利です。レストラン、お店でもだいたい英語が通じます。                      

アヴィニョン②…フランス

フランス、 プロヴァンス地方のお土産はたくさんありますが有名なものですと次のような感じです。

①ラベンダー製品、ポプリや化粧品など
②ハーブ類(ハーブ・ド・プロヴァンス)
③石鹸
④陶器
⑤蜂蜜や塩(ラベンダー入りの蜂蜜やハーブ入りの塩も)
⑥プロヴァンス柄の布製品(キルトやテーブルクロス、ランチョンマットなど)
⑦お菓子(カリソンというお菓子が有名:オレンジやメロン、アーモンドパウダー入りのお菓子で砂糖と卵白のコーティングがしてあります)
⑧サントン人形(キリストの生誕をモチーフにしたもの、プロヴァンスの人達をモチーフにしたものなどもあります)
carisson.jpg santon.jpg 
左はプロヴァンスのお菓子「カリソン」…マジパンのような素朴なお菓子です。下にひいてあるキッチンクロスはプロヴァンス柄です。
右はウインドーに飾ってあったサントン人形です。
        sweets.jpg
アヴィニヨンの街のお菓子屋さんで。他に名物、ヌガーなども売っています。
        
avignon2.jpg
一瞬チーズ?と思ったものは、マルセイユの石鹸でした!たくさん種類があリすぎて迷いますね。

アヴィニョンのお昼はツアーでお友達になった方達とカフェでご一緒させて頂きお料理の写真も一緒に撮らせていただきました。
フランス語、英語の表記のメニューなので助かりました。フランス語は食材やお料理名等は何となく理解できるようになりましたが、よくわからない(食べたことがない)お料理もまだあるので、英語メニューがあるとやはりホッとしますしオーダーしやすいです。
日本もこれから東京オリンピックがあるため、英語表記のメニューは観光客を呼び込むためには必須となるでしょう。
         
france4.jpg 
南仏はイタリア料理、スペイン料理も多いです。もちろんパスタも。これはカルボナーラ。
  

         
france5.jpg  
上はサーモンとブロッコリ―のクリームソースのフィットチーネ(平たいパスタ)、ピンク・ペッパーが可愛いです。

       france3_201508140126593cf.jpg 
こちらはカフェのマダム一押しのミックスサラダ。鴨肉などのお肉類やパン、サラダの盛り合わせ。ボリューム満点!圧巻!マダムはとても親切でした。
 
  france2_201508140126585f3.jpg 
上はずいぶんと大きなフォアグラのテリーヌは絶品です。あとはふわふわのブリオッシュ、プルーンの甘煮、サラダ。私が頼んだものです。
フォアグラ、日本だったらもっと小さいものがちょこっとだったでしょう…。ブリオッシュも美味しかったです。ワイングラスも見えますか?
もちろん私のです。(*^。^*)楽しいランチになりました。

   手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」        

アヴィニョン①…フランス

お盆休み、どうお過ごしですか?先週末は隣の中央区の花火大会もあり久々に友人達と集まりました。今週はお墓参りも終えてホッとしたところです。私は先日のヨーロッパ旅行がGW,夏休みを兼ねていましたのでこのお盆は近場や自宅で過ごしています。

8月ももう半ばですね。暑い中いらしてくださる生徒様の為にも良いレッスンが出来るように頑張りますのでよろしくお願いいたします。

下は先日の旅行、フランスの「アヴィニョン」の写真です。
アヴィニョンで有名なのは「橋の上で輪になって踊ろう~」という歌に出てくる橋、「アヴィニョンの橋(サン・ベネゼ橋)」です。
城壁に囲まれたプロヴァンスの街並みも歩いているだけで歴史的な建造物が多く飽きません。じっくり見たい場所や雑貨のお店がたくさんありました。数時間しかいなかったので残念です。
      avignon.jpg                                                                                                                                                                                     
      avignon6.jpg                                             上はサン・ベネゼ橋、近くからと高台から見下ろした橋。ゆったりとした川も綺麗です。川べりを自転車で走る人達が気持ちよさそうでした。
avignon3.jpg avignon4.jpg    
右上は世界遺産の教皇宮殿、ヨーロッパ最大のゴシック宮殿だそうです。
  avignon1.jpg avignon5.jpg
左上は「ノートルダム・デ・ドン大聖堂」、橋、宮殿、大聖堂、アヴィニヨン歴史地区はどれも世界遺産に登録されています。

       provence.jpg
古い古い石造りの家。壁も崩れかけていてもそのままです。壁、窓、ドア、全て新しいものではなくても魅力的な建物ばかりです。どこの家も窓辺には花があります。とても暑いのですがエアコンの室外機らしいものは見当たらず…。どう暑さをしのいでいるのでしょうか。
      
手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

カルカッソンヌ…フランス

 暑い中、生徒の皆様にはレッスンにお越しいただきまして本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。

やはりこの時期は発酵も良い上、ご試食のパンなどの焼き上げにオーブンを使用して室温も上がります。クーラーを使用してはいますが少し注意が必要ですね。
carcassonne3.jpg carcassonne6.jpg 
(上)カルカッソンヌ(下記参照)の街のお店、クレープやさんも美味しそうです。

昨日はスキルアップのためのセミナー参加で2種類のパンを作りました。その後すぐに教室に戻りまして8月のレッスンのグリッシーニの最終チェックでまた試作を作りました。どっぷりパン作りです。セミナーで習うパンは手ごねばかりではなく、たまに機械ごねで生地作りする場合もあります。私はパン生地を「こねる」作業が大好きなので普段は使いませんがたくさん一度に生地を作る場合は機械が便利です。

パンの生地を触っている時はとても落ち着いてリラックスしますので基本は手ごねです。

「グリッシーニ」のレシピの細かい修正がやっと終わりました。去年初めてレッスンでお出ししてからいったいどれだけ試食で食べたかな…。市販のもの、パン屋さんのもの、自身の作ったもの、たくさん食べ比べました。焼き加減が本当に難しいパンです。もちろん先日の旅行のイタリアでも食べてみました。日本でも海外でもフォカッチャはレストランの自家製も多いですがグリッシーニは市販のものを使う場合がほとんどですね。

結果去年のレシピを少し修正しましたが味のベースはほとんど変わりません。グリッシーニはパン屋さんで売っていない場合も多いのでぜひお楽しみいただければと思います。

さて上下の写真はフランスのカルカッソンヌのものです。旅行の写真は忘れないうちにまとめておこうと思いブログで少しづつご紹介しています。
「カルカッソンヌ」…フランス南西部ラングドッグ地方にあり、中世の街を残してあり楕円形の城壁に囲まれた街です。タイムスリップしたような素敵な場所でした。そこではお店の人たちも温かく優しかったです。

ハーブ店のお姉さんは私の探していた塩におススメのお料理に合うハーブを勧めてくださり一生懸命説明してくれました。隣のジェラート屋さんで注文のお手伝いもしてくれました!(笑)
また皆さんのお土産のラベンダーのサシェを買ったお店のおばあさんはお釣りをもらい忘れて取りに戻った私を笑顔で待っていてくれました。

またあるレストランでは「ランチの時間があまり無くて」…と相談したら店員さんが「急いであげるから大丈夫!」と大急ぎでお料理を出してくれました。(本当にそこは美味しかったです!)下にお料理の写真があります。

      carcassonne.jpg                                               carcassonne10.jpg  
carcassonne5.jpg  carcassonne4.jpg 
             carcassonne1.jpg     
「カルカッソンヌ」の名物は「カスレ」、フランスの郷土料理で有名ですね。豚肉や羊の肉などと白いんげんを煮込んだものです。ただ今回はカスレを食べるにはあまりにも暑すぎて(冬に食べたくなるお料理です)、時間もかかるお料理だったので断念しました。残念。
乾燥して暑いので行く先々で昼間からきりりと冷やしたワインやビールが飲みたくなります。  

カスレは食べられませんでしたが「クロックムッシュ(写真はありません)」と「鴨のコンフィ」をいただきました。鴨は日本で食べるより大きくてびっくりしました。皮がパリッ、中はジューシーで美味しい。お店の方も親切で嬉しかったです。またフランスでの食事の付け合せのパン、もちろんバゲットに関してはどのお店もレベルが高いと思います。とても美味しくてパクパク、パンだけでもいいくらい?です。
 
                                 
carcassonne9.jpg carcassonne7.jpg    
    carcassonne8.jpg    

アルル…ゴッホの跳ね橋

ゴッホの跳ね橋(アルルのラングロワ橋)の絵は有名ですが、ゴッホの描いたものは第2次世界大戦で消滅してしまいました。

フランス、アルルでは復元した跳ね橋を見ました。のどかな場所で地元の子供たちが水着で跳ね橋の横でドボンドボンと川に飛び込んで遊んでいました!ワイルドでした。

あの本物の絵と同じように橋は静かにたたずんでいました。

    van gogh bridge
arles1.jpg arles2.jpg

france3.jpg camembert.jpg
アイビーに囲まれたホテル(左) 右は日本でもお馴染みのカマンベール、部屋飲み用に購入。(ちょっと大きめ、でもさすがに安いです)

下はフランスの朝ごはん。パン、クレープにプルーンのジャム、ハム、カフェオレ、フルーツのコンポート、ヨーグルト。
パン、乳製品、ハムはどこでも美味しかったです。素材が違うのかな。ジャムも蜂蜜も美味しいものが多いです。
サラダ系はどのホテルでも見当たらず丸ごとそのままのトマトがごろごろ盛ってあったりするだけでした。野菜不足はキツイですね。

   france2.jpg
    手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

スペイン・バルセロナ②

今月のレッスンも始まりまして「ナン」のレッスンまたベーシックレッスンのパンもお陰様でご好評いただいております。
焼き立てパンを召し上がっている皆様の笑顔を見るとこちらも幸せな気持ちになります。

さて先日の旅行の記録の続きで…スペイン・バルセロナといえば「アントニ・ガウディ」。ガウディが埋葬されているサグラダ・ファミリアの他にも彼の建てた建物を2つ巡って来ました。

ガウディがバトリョ氏の家をリフォームした建築物が見学できる「カサ・バトリョ」は日本語のヘッドフォンも貸出しがありとてもわかりやすいです。世界中から観光客が訪れていますので長蛇の列でした。
        casa batollo 
      casa batollo5 
現在の建築ではないのにも関わらず、デザインの斬新さには驚きます。
どんな頭の構造なんだろう!さすが天才といわれる建築家なのでした。
casa batollo1 casa batollo3
手すり、エレベーター、ドア、窓など使い心地、彩光、換気などすべて緻密に計算されているとのことです。
写真にないですが屋上にはガウディ特徴のモザイクがもっと見れます。
casa batollo2casa batollo4

      casa mila
こちらはガウディ設計の実業家ミラ氏の邸宅「カサ・ミラ」。この建物は全く直線部分を持たないそうです。波のような曲線部分の外壁は地中海のイメージだそう。。時間の関係で中に入れず残念でした。
皆さんがよくご存知のディズニーシーのマーメイドラグーンも実はガウディの作品をモデルにしているそうです。知らなかった!です。
paella.jpgcrema catalana
ランチには、魚介のパエリア(エビやムール貝、イカなどが入ります)とカタルーニャ風プリンなどいただきました。美味しかったですよ。一度ダメにしたパエリア鍋…また欲しくなりましたが我慢しました。
スペインで思い出しましたが今月の通常レッスンではご試食の際に「ガスパッチョ」お出ししています。
スペイン、アンダルシア地方の冷たいスープで私も大好きなスープです。

     手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

サグラダ・ファミリア(スペイン:バルセロナ)

7月になりました~。しばしレッスンやご予約業務お休みをいただきました。お休みの間ご迷惑をおかけいたしました。

GWを今頃というかまたは夏休みの前倒しにもなりますが念願の建物めぐりの旅に行ってきました。世界遺産をまわる弾丸ツアーでした。

海外は今まで個人旅行ばかりでしたが今回の旅程は個人で行くにはちょっと大変でしたのでツアー参加になりました。

とにかく暑くて忙しくて歩きまくる旅!個人で行くなら食材と美味しいパン探しもしたかったのですが今回団体行動の関係でなかなかできなくて…残念でしたが旅先で素敵な方々との出会いもありました。楽しかったです。
旅行中見ることができた世界遺産などを少しずつご紹介していきますね。
Sagrada Familia sagrada familia4 
スペイン・バルセロナのカトリック教会、世界遺産「サグラダ・ファミリア」(建築家アントニ・ガウディ)
左は昼間の姿、右は夜のライトアップされた様子。1882年着工でガウディ没後100周年の2026年完成予定だそうです。
133年たった今もまだ建築中とは驚きです。
Sagrada Familia1 Sagrada Familia3 
左はサグラダ・ファミリアの日本人の主任彫刻家の「外尾悦郎氏」が担当した15体の天使の像。生誕の門にあります。
右は内部の様子。天井が高くて本当に明るい内部は圧巻です。
完成後の姿もぜひ見たいものです。
  Sagrada Familia2 
大聖堂内の内部のステンドグラス。しばらく見上げていました。
あまりにも綺麗で壮大なステンドグラス。感動して動けなかったです。
森や自然をイメージしたという明るく彩光があふれる教会です。
     手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

美術館めぐり

美術館めぐりが好きで、気に入ったイベントがあると行きます。

去年の暮れに行った上野の東京都美術館の「ウフィツィ美術館展」は夜の美術館貸し切りという貴重なチケットを頂いたのであいにく一人でしたが喜んで行きました。

でも夜の上野公園は初めて行きましたが本当に真っ暗過ぎて誰も歩いていなくて昼間と全然違うのです。

おまけにチケットに記載してある場所を東京国立博物館と見間違えてしまい慌てて逆戻りするにも、だーれもいない公園は本当に怖かったです。

貸し切りの美術館はゆっくり見れてとても良かったのですが、帰りはもっと暗くて不気味なのでヒールなのに猛ダッシュで上野公園を駆け抜けました。冬なのに汗をかいた記憶があります。


さて今回の三菱一号館美術館はこじんまりしたスペースで建物も好きです。

この日はワシントン・ナショナル・ギャラリー展。ロートレック、ルノワール、ドガ、セザンヌ、ボナールなどの絵画を見てきました。

気分転換になり、こんな時間はとても貴重です。

三菱一号館美術館の中庭も今はバラが満開です。(写真下)

都会のオアシスで大きな木があるので鳥がたくさんいます。

絵を見て中庭を散策した後、アフタヌーン・ティーをして帰宅しました。(写真一番下)

可愛いスイーツやサンドイッチが盛りだくさんで見た目だけでも満足します。


今週はパン作りのスキルアップの為のセミナーが続きます。

気合いを入れて頑張ろうっと。
 

mitsubishi muserose muse


  afternoon Teaafternoon tea1
      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

高尾山

GW中に「高尾山」に行きました。私は初心者で今回軽めの山歩きですが、一応用意万端で。
靴は絶対疲れないもの。これは去年の京都の伏見稲荷で本当に足に応えたので教訓です。
水分、帽子、レインコート、長袖のシャツはもちろん、厚手のソックスでやはり足の負担を減らします。リュックにいろいろ詰めていきました。今回無理の無いようにケーブルカーと徒歩の組み合わせでしたが高尾山はコースがいくつかあってとても良いです。
小さな一口大のおにぎりを持ち、他におやつとしてグラノーラバーを作ろうか迷いましたが結局フルーツケーキ(パウンドケーキのようなもの)を前日に焼いて持参しました。

写真下:高尾山…薬王院 天狗の神様がいらっしゃいます。お天気にも恵まれました。
  takaosan.jpgtengusama.jpg 
  takaosan1.jpg CIMG1453.jpg 
写真上左:新緑が綺麗です。森林浴で深呼吸が気持ち良い~。癒されます。
写真上右:以前イギリス人の友人に教えてもらった大好きなケーキ…ドライフルーツとスパイス入り、翌日もしっとり美味しいので持参しました。
   takaosancyou.jpg
写真上:高尾山の山頂。実は人混みが苦手で山に出かけたのに高尾山はゲキ混み!でした。特に山頂はすごかったです。
帰りのルートは混んでないコースを歩きました。人が一人か二人が通れる道で、木の根っこや上り下りあり。また脇に落ちたら急斜面で転げ落ちそうなちょっとワイルドなのがまた良かった!です。
       tororosansaisoba.jpg
写真左:高尾山口駅に戻り「とろろ山菜そば」を。美味しかったです。
「とろろ芋」買って帰りたかったのですが…。
リュックに長いとろろ芋がはみ出て見えて、とぼとぼ歩いていくおばさん…て。ちょっとそんな自分を想像したら怖かったのであきらめました。
         belugianbeer.jpg
帰りにベルギーレストランに寄りベルギービールを飲みました。いい汗かいてリフレッシュした後のビールは最高です。また高尾山行きたいです!

  手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

初夏の京都② 伏見稲荷大社

昼間は蒸し暑い日が続きますね。今月のレッスンもまもなく終わります。7月のレッスンもご予約受付中です。
先日の京都のお話の続きです。関西にお先祖様のお墓参りに行った旅行の3日目、朝一番に京都でのお墓参りを済ませてから清水寺を少しだけぶらぶらとして、その後は妹とは別行動となりました。

    cyamise.jpg CIMG1266.jpg 
(左)お墓参りの後にいつも行く茶店。暑い時期に行くと毎度関西の飲み物「ひやしあめ」を飲みます。あめといってもキャンデイーではなくて、麦芽の水あめをお湯で溶いて生姜のしぼり汁を加えて冷やしたものです。冬は温かくして飲み「あめ湯」と呼ばれてます。すっきりしていて美味しくこの日も暑かったので喉が渇いていてさらに美味しかったです。
(右)清水寺すぐそばの三年坂で早めのお昼にして湯葉や田楽、お豆腐、生麩のお料理をいただきました。ヘルシー!


   CIMG1265.jpg CIMG1286.jpg 
(左)京都らしい作りのお店。この日もたくさんの修学旅行生や外国からのの旅行者がいました。
(右)こちらは京都の町屋風の建物を生かした造りのチョコレート屋さん!大好きなチョコレートを買って食べました。

建物の外観と言えばコンビニも和風、カフェも和風が多く京都の景観を損なわないような建物が多いです。京都市内も高層ビルがほとんど無いため圧迫感がなく、お寺や神社があちこちにありますがそこには必ず緑があるためホッとします。。市内を流れる広い鴨川をぼんやり見たり…なんだか歩いていても疲れなくて癒されます。

 Fushimiinari1.jpg inariziuzshi-fushimi.jpg 
(左)伏見稲荷大社…楼門(重要文化財)朱色がまぶしいです。ここは全国に3万ほどある稲荷神社の総本山だそうです。お稲荷さんといえば「商売繁盛」「五穀豊穣」の神様ですが他にも「安産」「学業成就」「万病平癒」などのご利益もあるそうです。キツネの顔の形の絵馬があり、自分で好きなキツネの顔を書いてお願いごとをするという珍しいものもありましたよ。
(右)神社に着くまでにたくさんのお土産やさんがありますが、お稲荷さんといえば「おいなりさん」なのです!京都のおいなりさんは三角形の形もあってちょっと小ぶりです。中は五目の酢飯。写真はお参りの途中にあった茶店でいただきました。早めのお昼がヘルシー過ぎて?小腹がすいてしまいついパクリ!歩き疲れていたものあり美味しかった~!

妹も神社仏閣めぐりは好きなのですが、なぜかお稲荷さん系神社(きつねさんの神社)が苦手なようで実は以前も一緒に伏見稲荷大社まで行き赤い鳥居をくぐろうと思いましたが、妹がなぜか急に鳥居の先には行きたくないというので、そのまま観光先を違う場所に変えたのでした。何か合わないものがあるのでしょうかね…。お稲荷さんの神社だけはあまり気乗りしないそうで…不思議です。(ちなみに妹は全く霊感などもありません。)私は全然大丈夫でずっと行きたい所でしたので今回は一人で行って来ました。
            Fushimiinari.jpg  
(上)伏見稲荷の有名なたくさんの連なる鳥居。山の中にキツネの像がたくさんあるのですが、正直言ってあまり可愛くないのです。というかちょっと夕暮れ時などは怖いかも知れません。動物園のキツネたちはもっとかわいいのに~。

私も知らなかったのですが伏見稲荷は稲荷山という山全体が神聖な場所です。山の中には、いろいろな場所に神様が祀られていてお参りできるようになっています。JRのCMで使われていた映像やポスターは赤い鳥居がたくさんの「千本鳥居」ですがこれはまだまだ初めの一歩!?で本当はその奥の山全体に数えきれないほどの鳥居があります。この赤い鳥居には個人や企業の名前が入っているものが多く納奉されて増えているようです。(商売繁盛を願ってでしょうね)歩けど歩けど鳥居だらけの山。30分あればお参りできると思っていましたが結局すべて回るのに途中の休憩も入れて3時間近くかかってしまいました。これでもかなり急ぎ足で回ったのです。(帰りの新幹線の時間もあったので)

入り口から30分近く山を上り下りしたところで、もう引き返す道に行くのかと思い途中の茶店で確認したら、頂上まではなんとまだ50分近くだというので驚きました。インドからいらしていたご夫婦はそれを聞いて引き返していきました。私も迷いましたがよっぽど時間がある時でないと二度とまた来てここは回れないと思い、頑張って山の中を参拝しましたが最後は息が切れていました。上の写真の「いなりずし」はその山の下りの道の茶店で休憩がてらいただきましたがお陰で元気になりました。

お時間がありましたら歩きやすい靴でぜひ回ってみてください!あと、お参りする場所が山の中にたくさんあります。お賽銭の小銭をいっぱいご用意してください。
ちょっと最後の日は大変でしたが充実感たっぷりの京都の旅でした!

JRのCM「伏見稲荷大社編」は1993年(冬、初冬編)で見れます。
(ポスターは2012年夏編も)HPは
こちら!「そうだ、京都、行こう」

      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

初夏の京都① 比叡山 延暦寺

 先月5月の半ば過ぎに関西にご先祖のお墓参りに行って来ました。いつも1泊~2泊で大阪と和歌山の境目のお墓と京都のお墓と2か所を回ります。今回は妹と二人でのお参り。関西でも2か所が離れているため1日で1か所しか行けない、かなり強行な旅となります。でも京都でのお墓参りでは必ず他の場所も観光することにしていてこれがとても楽しく息抜きになります。ほとんど毎年のようにお墓参りに行っているのに京都は大好きでたくさん行きたい所がありいつも決めるのに迷います。

今回は1日目の大阪のお墓参りの後、すぐ京都に移動しゆっくりする日程にしたので2日目は少し遠出して初めて「比叡山…延暦寺(えんりゃくじ)」(世界文化遺産)まで足をのばしました。3日目最終日に朝のうちに清水寺のすぐ隣のお墓まで行きお墓参りを終えて二年坂、三年坂を歩き、その後は妹と別行動になりました。妹は一足早く東京へ戻り、私はずっと行きたかった「伏見稲荷(ふしみいなり)大社」へ行きました。初めは比叡山から…。 


        yase1.jpg ke-buruka-.jpg
叡山電車で「八瀬比叡山口」へ行きすぐそばの「八瀬」からケーブルカーに乗ります。途中の川がきれい。この時期は緑色の「青もみじ」が美しいです

        ro-puwei.jpg  biwako.jpg

さらにロープウエイで「比叡山頂」駅へ。少し歩くと滋賀県琵琶湖の景色が一望できる場所があります。

hieizan1.jpg momijisuimen.jpg 
比叡山は東塔、西塔、横川のエリアに分かれています。一番遠い横川(よかわ)から回りました。比叡山には延暦寺というお寺はありません。比叡山そのもの全体を延暦寺というのです。京都の比叡山の方角が鬼門ということで延暦寺が建てられたとのこと。風水で考えられたということなのです。偶然水面に落ちている若草色のもみじを撮影したらすごく綺麗でした!

 CIMG1249.jpg  momiji.jpg 
3か所のエリアをシャトルバスで回ります。静かで厳かな空気が漂っていて、ウグイスや野鳥のさえずりが山々に響きます。緑のもみじと赤いもみじと空の色…コントラストがなんとも言えません。
 CIMG1252.jpg  odaishisama.jpg 
左は東塔の戒壇院(重要文化財)、右は元三大師堂(がんざんだいしどう)の角大師のお札の絵。厄難から守るお札なのでありがたいものなのですが、ちょっとユーモラスでかわいらしくないですか?
 hieizan.jpg 
「にない堂」(重要文化財)…法華堂と堂行堂という同じ形の二堂が渡り廊下でつながっています。「弁慶のにない堂」と言われています。法華と念仏が一体であるという延暦寺の教えを建物で表現しています。

さて前半の京都はここまで。本当にすがすがしい爽やかな緑の山々は京都市内より涼しくて本当にリフレッシュしました。
ちょうどご先祖様のご供養にもなりました。家族皆のこともしっかり拝んできましたよ!


こちらのHPではJR東海の過去の有名な京都のCMやポスターが見れます。!HPはこちら!
(比叡山は今年2014年のポスター(初夏~夏)になっています。CMの方は1994年の比叡山編(初夏~夏)でも見れますよ。他にもこのサイトではJR東海が、たくさんの京都の見どころをCMやポスターにしたもの、懐かしいものをたくさん見ることができます。他にも京都の良いところが満載!四季折々で素敵な京都、何度も行きたくなります。

            手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

sakura

東京では桜の花も満開で見ごろを迎え、はらはらと散る花びらも美しいですね。今週はゆっくり桜の花を見ることもできました。でもその見ごろの時期は本当に短くてちょっと切ないですね。今年も目に焼き付けておこうと思います。

        
sakura.jpg


          
sakura3.jpg    

           
chapel.jpg 

        
chapel2.jpg
先日、友人と「椿山荘」の中庭を散策。桜が満開でした。チャペルは結婚式が無かったので中が見れました。

                          ichigosyu.jpg     
(写真左)いちご酒を作りました。いちごも、もう時期がおしまい。おいしくできるといいな。

       
手作りパン教室「Petit Chocolat  (プティ・ショコラ)」    
         

Read More »

長野…その3…戸隠

10月に行った長野のお話です。(まだあったのかという感じですがこれで最後です。
1日目に善光寺、ワイナリーに行った翌日は、あいにくの雨でしたが長野駅からバスで1時間ほどの戸隠まで行きました。前々から戸隠は信州でも抜群に美味しいおそばで有名と聞いていたのでそこでおそばを堪能してお土産を買って帰りたいと思っていました。それと以前から戸隠神社への参拝もしたかったので雨は降っていましたが、普段滅多に来れない所なので頑張って行ってきました。

togakushijinjya.jpg DSC_0235.jpg
(左)中社の入口です。戸隠神社は奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の総称です。奥社までは車は入れず中社から徒歩で40~50分ほどかかるそう。この日は雨が強く奥社に行くのは断念しました。晴天の日に奥社までの天然記念物の杉並木を歩くと清々しく心が洗われるような気がするそうです。中社もたくさんの御神木に囲まれています。
(右)宝光社…女性や子供の守り神だそうです。他に技芸、裁縫などの御利益もあるそう。パン作りの技術?も上がるようお参りしました。正面鳥居から拝殿まで約300段の石段!雨なのできつかったです~。

sobagaki.jpg togakushi soba
(左)中社のすぐ前にある「うずら家(や)」というおそば屋さん、普段からすごい行列で人気店だそうです。でも名前を書いてお参りしてからまた戻って声をかけると案内してくれます。お店の方もとても親切でした。写真は「そばがき」。そば粉を熱湯でこねたもので蕎麦の馨りが楽しめます。温かいうちにワサビやきな粉、ネギ味噌で頂きますがふんわちもちもちです。
(右)食べ始めてしまった写真ですが「ざるそば」。しこしこした本当に美味しいおそば。蕎麦(そば)にはルチンが含まれていてその効用は血液をきれいにしたり血圧を下げると言われています。この後のそば湯も美味しかったです。美味しかったので半生のおそばのお土産を買って帰りました。他にキノコの盛り合わせの天ぷらもおススメです。

長野駅に戻りちょっと休憩ということでカフェに行きました。栗で有名な小布施に本店がある栗のお菓子のお店、櫻井甘精堂のカフェ 「栗の木テラス」
長野駅近くにあります。紅茶とケーキの専門店でこちらも人気店のようで入るまで少し待ちました。

でも出てきたモンブランの栗の味が絶品!です。お酒の味はほとんどしなくて栗そのものの濃厚な味がします。軽くてしつこくなく大きさも丁度よく、周りを見たら皆さんモンブランを頼んでいました。長野旅行は1泊でしたがいろいろと美味しいものがあり大満足でした。

monburan.jpg kuri no tea
(左)栗の味が濃厚なモンブラン。新栗で作られたそうです。
(右)珍しい栗の紅茶。栗の香りも楽しめてポットで出てくるのでたっぷり頂けます。中に刻んだ栗が入っていたのもびっくりしました。

お店の詳細は…店名をクリックしてご覧ください、
「うずら家(や)」 …お蕎麦屋さん 

「栗の木テラス」 …カフェ

         12.5 003
      手作りパン教室「Petit Chocolat  (プティ・ショコラ)」  

Read More »

長野…その2…ワイナリー

 先日の長野のお話の続きです。…善光寺にお参りした後、長野駅から電車で牟礼(むれ)という場所に移動して「サンクゼール・ワイナリー」へ行きました。事前に予約をしていた約1時間の「トワイライト・ヴィンヤード・ツアー」(有料)という見学ツアーに参加しました。ワイナリーのスタッフの方が夕暮れ時のぶどう畑~醸造所を案内してくださいます。まだ製造過程のものも試飲でき最後にもワインのテイスティングがあります。

winery.jpg 
(上)夕暮れ時のワイナリー内のレストラン…下にはぶどう畑が広がります。外国のような風景に感動します。見学ツアーの後はこのレストランと隣にあるチャペルの間でワインのテイスティングをしました。         
       akai ringo    winery5.jpg
(左)敷地間を移動する間にはリンゴの木がたくさんあります。
(右)バラの花も咲いていました。 奥にはりんごの木がたくさん実をつけています。
 winery7.jpg  winery2.jpg
(左)ワイナリーに着きぶどう畑に囲まれた石畳を歩くとエントランスがあります。
(右)サンクゼール・ワイナリー本店。1階にはワイン、ジャム、バター、パスタソース、ソーセージ、調味料などなど美味しいものが売っています。テイスティングコーナーも充実しており2階にはお皿などの雑貨類もあります。
winery6.jpg  winery3.jpg
(左)見学ツアーまで時間があったのでデリカッセンで「ナイアガラ・ブラン」というフルーティーな白ワインを…。 焼き立ての自家製ソーセージと一緒に頂きました。
(右)右側の建物内で醸造されています。敷地には芝生が広がり、外で飲食の際は膝掛けも貸してもらえます。
winery1.jpg 
(上)ぶどうの木が山々に囲まれたサンクゼールの丘いっぱいに広がります。寒くなるともう少し葉が黄色に色づきます。

           cyaperu.jpg
(上)レストランのすぐ側にチャペルがあり中にも入れます。この日はウエディングがありレストランも貸し切りでした。外国のようで本当に素敵な風景です。またぜひ来たいと思います。長野…その3に続く…。

Read More »

長野その1…善光寺

先月、10月に1泊2日で妹と長野に旅行に行きました。もう11月ですが…毎度ブログに書こうかなと思いあちこち写真なども撮るのですが、ズボラでさっさとアップできなく写真もたまっていく一方…反省です。

10月に長野の前々から行きたいと思っていた善光寺、ワイナリー、戸隠神社に行って来ました。最近はパワースポット巡りが流行っているようです。もちろん善光寺、戸隠神社も有名なパワースポットです。でも行きたい理由としてはそれだからではなく、父が京都出身で昔からご先祖のお墓参りに行くとちょっと足をのばせばすぐに有名なお寺等がたくさんあるため、いろいろなお寺や神社をお参りしていました。そのせいかなんとなくお寺や神社は私にとって、行くとホッとしてリフレッシュする場所である気がするのです。

さて長野の善光寺には長野駅からバスで7分ほどで着きます。創建は飛鳥時代からと伝わりそのご本尊や仏像は、武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉などの間を転々としたと言われています。

     etc 310
善光時の入口の仁王門から入り山門(さんもん三門ともいう 写真)を抜けると先に本堂があります。

まず本堂でご先祖様や今年亡くなってしまった親類皆の為に、また今年も家族が元気で過ごせた感謝を込めてお祈りしました。そのあとに「びんずる様」と呼ばれているお釈迦様のお弟子様の像の所に…。この像に触れると神通力にあやかれるそうです。自分の体の悪い所と「びんずる様」の同じ場所を撫でると悪い所が治るそうで参拝に来た方は順番に撫でていました。ここでなぜかつい頭も撫でてしまった私…。そして死者を地獄行きかどうかを裁くという閻魔王(えんまおう)様の前でお参りし、「お戒壇(かいだん)巡り」という入口があったためなんとなくの流れで入館しました。

「お戒壇巡り」は入口の細い階段を降りていくと中が本当に真っ暗でご本尊の安置される瑠璃壇下の回廊を進んでいきます。その距離45メートル…何も見えなく長い距離を少しずつ歩くのでかなり不安になり後悔の念が…妹はぶつぶつ文句を言いだす始末(笑)、何ひとつ見えないのです。入口にスリに注意等と張り紙がありましたが、ここでスリをするのはかなりの罰当たりと言えるでしょう。右手でずっと腰の高さの壁を触りながら伝って進みます。中ほどにある「極楽の錠前」を探り当てて元の入口に戻ります。私達も無事に錠前を探り当てて戻りましたが戻った時の明るい世界にホッとしました。なかなか体験できない本当の暗闇でした。

参拝が済んで清々しい気持ちになった所で ご朱印帳にご朱印をいただきます。
ご朱印とは…(往古、寺社に参詣の際に祈願浄書した「経文」を神仏に奉納し、参拝の「あかし」としその寺社や本尊の名号を墨書きし、「宝印」を頂くことを「納経・朱印」と言っていました。今も納経される方もありますが参拝記念として持参するようになりました。ご自身のお守りとして受け持ちください…というもの。以前に京都、三十三間堂で頂いたご朱印の説明より)ただのスタンプラリーではありません。お守りと同じということです。

私も叔母の影響で数年前から機会があるとご朱印を頂くようになりましたが、つい旅行でご朱 印帳を忘れてしまう時もありその時はいつも後悔です。ご朱印は多くの寺社で頂けます。大体300円~500円位です。ご朱印帳は1000円程です。墨で書いてくださるのですがどの寺社でも本当に達筆なご朱印にいつも見入ってしまいます。
etc 416 naga.jpg
(左)京都の三十三間堂のご朱印帳です。持参するといろいろな寺社でご朱印を頂く時に使えます。
(右)左側が善光寺のご朱印、右は京都の大原の寂光院のご朱印です。

さあ参拝が済んだらお腹もすいてきます。善光寺までの仲見世周辺には普通の方も泊まれる宿坊があり精進料理が食べれたり、おやき、五平餅、そば粉団子、おそばなどのお店も多く並びます。またその合間に民芸品のかごや、お数珠のお店も多くあります。五平餅はお米を小判型にして平たい串に刺し甘めの味噌を塗って焼くものです。焼き立てを食べました。美味しい~!

また善光寺近くの「おやき」のお店で切り干し大根のおやきを食べました。パティオ大門という商業施設内の「小川の庄 大門店」というお店では作り立てのおやきを目の前で焼いてくれます。焼き立てが本当に美味しいですよ~。しかもおやきと共に美味しいそば茶とお味噌汁のサービスがあります。囲炉裏の側で食べるおやきはじんわり体も温まります。お店の奥にお土産コーナーがあり長野のお味噌、野沢菜などまたいろいろな甘い味、しょっぱい味のおやきがあり冷凍で宅配もしてくれます。今度は一度自分でおやきを作ってみたいなあ…。

 etc 313  etc 311
(左)囲炉裏でおやきを焼いてくれ熱々を頂けます。…奥ではお店の方がおやきを作っています。
(右)焼き立てのおやき。切り干し大根、ナス、シメジ、あんこ、かぼちゃなど他にもたくさんの種類があります。

その他のお土産では善光寺名物の「根元 八幡屋礒五郎」のお店の七味、栗で有名な「栗菓子 竹風堂」の「くりんぱい」というパイまんじゅうなどの栗菓子と蒸し立ての「栗おこわ」も美味しくておすすめです。10月は新栗が出たばかりで甘くて美味しい栗がたくさん入った「栗おこわ」は家族にも好評でした!また続きはその2で。

バラの季節

  6月のレッスン・スケジュールをアップしました。ご予約お待ちしております。

Rose.jpg
 
ガーデン・コンテストのディスプレー。こんな場所で過ごせたら素敵ですね。

 バラの美しい季節ですね。先日お花の似合うお花の好きな友人と「国際バラとガーデニングショウ」に行って来ました。(西武ドームにて開催中)今年は藤のお花に続き大好きなバラが見ることができ本当に幸せです。

園内にはバラの回廊やバラのコンテスト(鉢植えやハンギング・バスケットなど)、オードリー・ヘップバーンの庭や、ターシャ・テュダーの庭の再現やガーデン・コンテスト等、ダイナミックに木々や他の花や小物も加えたバラの庭などがありどれも素敵でした。たくさんの種類のバラに囲まれてとても優雅な気分になりました。 

Rose4.jpg Rose3.jpg 
たくさんのバラにうっとりです。 切り花のバラを買って自宅に飾りました。

園内にはバラの鉢植えやガーデニング・グッズ、バラのジュースやジャム、化粧水などの販売コーナーも充実しています。私はお土産に市場直送のバラの切り花と鉢植えを買いました~。自宅のベランダのバラの鉢植え達にまた新しく仲間?が増えました。可憐なバラが咲くと良いなあと今から楽しみです。朝早くからお付き合い頂いた友人にも本当に感謝です。たった6日間の開催なので大変混雑しますがぜひおすすめですよ。


藤の花のシャワー

 五月になりました。皆さまはGWをどのようにお過ごしでしょうか?五月は旧暦で「皐月(さつき)」…田植えをする月なので「早苗月(さなえつき)」と呼ばれていたのが短くなったそうです。新緑のすがすがしい緑の香りは本当に癒されて私もこの時期は大好きです。

さてGW中にここ数年の念願だった「藤の花」を見に行ってきました。お花は大好きで藤の花は特に大好きな花のひとつです。都内では亀戸天神の「藤の花」が有名ですね。今回私が訪れた場所は栃木県の「あしかがフラワーパーク」で藤棚の数々を見ることができます。

今一番の見頃で大藤、八重藤、白藤、きばな藤、むらさき藤、うす紅藤などが満開でした。パーク内には自然があふれ小川が流れていたり今回はツツジや様々な植物もありました。季節ごとにもいろいろなお花を楽しめるそうです。たくさんの藤の花が風に揺れている姿は本当に幻想的で下から見上げると藤の花のシャワーを浴びているかのようです。藤の花がこんなにたくさん見れる所は初めてで本当に感動しました!機会がありましたら皆さんもぜひ行ってみてくださいね。

fuji3.jpg  上から降り注ぐような藤の花は圧巻です! 紫の上品な色合いが美しいです。

      fuji4.jpg 
 パーク内にはツツジの花も満開でした。
         fuji6.jpg 
辺りは藤の花の香りであふれています。
fuji5.jpg 
白い藤も清らかで素敵です。

釧路

皆さま、お元気ですか?毎日さむいですね。

22日から1泊で北海道の釧路に行ってまいりました。

今回はある競技の試合応援が目的です。

噂では最高気温マイナス14度などと聞いていましたが実際はそれほどでもなく天気に恵まれました。

と言っても最高気温-3度位、最低気温-9度位でした。ホテル近くの川は凍っていて陸地と見間違うほど

東京ではなかなか想像しがたい気温です。

日陰では雪が解けず道路も凍っていてインスタント屋外リンク?のよう。歩くのはなかなか危ないです。ブルブル

でもそんな中少しだけ観光をと思い釧路湿原に行ってみました。周りは雪景色で動物の足跡もたくさんありましたよ。

いつも釧路はあまり雪は降らないそうですが今シーズンは雪が多かったそうです。この日は天気もよく遠くまで見渡せました。

etc 18 007 etc 18 009
水の表面は凍ってます!釧路湿原国立公園…この時期雪におおわれておりました。

              etc 18 010
                        湿原の風景
写真はありませんが美味しい海鮮ものも頂きました。北海道は美味しいものが多くて嬉しいです。

お魚が大好きな私にとっては天国のようなところです。
美味しい新鮮なお魚がいっぱいです。

あっ。今回は応援がメインでした。

今回の試合出場は残念ながら兄弟の学校2校ともという訳にはいきませんでした。

でも参加できた選手達にとって一生忘れられない良い経験になったと思います。
感謝です。

関係者の皆様、釧路の皆様本当にありがとうございました。

子供達に新シーズンもぜひ頑張ってもらいたいものです。
青春ですね(イイナ)
 etc 18
釧路空港にて。スピードスケート、アイスホッケーの競技が市内の数か所のリンクで同時開催です。
さすが北国!リンクがたくさんあって本当にうらやましい限りです!!

P.S  東京では見たことがないバージョンの「よつ葉バター」が空港で売っていました。乳製品も美味しいのですよね。パンのお供に良さそうでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ!

プロフィール

Petit Chocolat

Author:Petit Chocolat
初心者向けの少人数制の小さな手作りパン教室「Petit Chocolat」(プティ・ショコラ)です。
パンを作るのが初めての方でも大丈夫です!ご家庭でも作れるように丁寧なレッスンをいたします。楽しみながら皆さんの「おうちパン」を一緒に作りましょう。
パン教室で講師経験があります。
JPCA認定 「パンコーディネーター」

体験レッスンの日程

10月13日(日)14:40残席あり11月21日(火)14:30残席あり※今後の予定はまたHPでお知らせいたします

カテゴリ

TOP:ごあいさつ[はじめまして] (8)
教室のご案内、アクセス、教室使用の材料について (2)
レッスンについて (1)
レッスンの種類とお写真、料金と年間スケジュール(2017年~) (1)
レッスンご参加の前にお知らせとお願い、Q&A (1)
お子様連れの方へお願い (1)
ご予約方法&「ご予約フォーム」 (1)
講師プロフィール (1)
各月のレッスン・メニュー&スケジュール (1)
特別レッスン(期間限定・不定期) (2)
体験レッスン・手作りパンができるまで (2)
お知らせ(最新はTOPページ) (16)
パン、食べ物、SWEETS、いろいろ (119)
日々のできごと&レッスン風景 (58)
場所 (20)
生徒様より(ご自宅で焼かれたパンのお写真のページ) (2)

Petit Chocolat

最新記事

Gallery

Gallery 2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

教室メルマガ購読&解除

購読または解除を選び、メールアドレスを入力して送信してください。 メールアドレスに登録または解除の確認メールと直近に発行したメルマガが届きます。届かない場合は「まぐまぐ」のHP内「ヘルプ」欄をご参照の上、再度送信してください。無料です。 ※月末から月初めにHPより一足早くレッスンスケジュール等をお知らせします。

月別アーカイブ

月ごとのブログの内容のチェックはこちらから!

検索フォーム

クスパ

料理教室検索クスパ

クスパ

料理教室検索クスパ

パン教室ナビ

パン教室ナビ

料理教室ナビ

料理教室ナビで教室紹介中!