07
TOP IMAGE
http://petitchocolat1204.blog.fc2.com/

2015-07

カルカッソンヌ…フランス

 暑い中、生徒の皆様にはレッスンにお越しいただきまして本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。

やはりこの時期は発酵も良い上、ご試食のパンなどの焼き上げにオーブンを使用して室温も上がります。クーラーを使用してはいますが少し注意が必要ですね。
carcassonne3.jpg carcassonne6.jpg 
(上)カルカッソンヌ(下記参照)の街のお店、クレープやさんも美味しそうです。

昨日はスキルアップのためのセミナー参加で2種類のパンを作りました。その後すぐに教室に戻りまして8月のレッスンのグリッシーニの最終チェックでまた試作を作りました。どっぷりパン作りです。セミナーで習うパンは手ごねばかりではなく、たまに機械ごねで生地作りする場合もあります。私はパン生地を「こねる」作業が大好きなので普段は使いませんがたくさん一度に生地を作る場合は機械が便利です。

パンの生地を触っている時はとても落ち着いてリラックスしますので基本は手ごねです。

「グリッシーニ」のレシピの細かい修正がやっと終わりました。去年初めてレッスンでお出ししてからいったいどれだけ試食で食べたかな…。市販のもの、パン屋さんのもの、自身の作ったもの、たくさん食べ比べました。焼き加減が本当に難しいパンです。もちろん先日の旅行のイタリアでも食べてみました。日本でも海外でもフォカッチャはレストランの自家製も多いですがグリッシーニは市販のものを使う場合がほとんどですね。

結果去年のレシピを少し修正しましたが味のベースはほとんど変わりません。グリッシーニはパン屋さんで売っていない場合も多いのでぜひお楽しみいただければと思います。

さて上下の写真はフランスのカルカッソンヌのものです。旅行の写真は忘れないうちにまとめておこうと思いブログで少しづつご紹介しています。
「カルカッソンヌ」…フランス南西部ラングドッグ地方にあり、中世の街を残してあり楕円形の城壁に囲まれた街です。タイムスリップしたような素敵な場所でした。そこではお店の人たちも温かく優しかったです。

ハーブ店のお姉さんは私の探していた塩におススメのお料理に合うハーブを勧めてくださり一生懸命説明してくれました。隣のジェラート屋さんで注文のお手伝いもしてくれました!(笑)
また皆さんのお土産のラベンダーのサシェを買ったお店のおばあさんはお釣りをもらい忘れて取りに戻った私を笑顔で待っていてくれました。

またあるレストランでは「ランチの時間があまり無くて」…と相談したら店員さんが「急いであげるから大丈夫!」と大急ぎでお料理を出してくれました。(本当にそこは美味しかったです!)下にお料理の写真があります。

      carcassonne.jpg                                               carcassonne10.jpg  
carcassonne5.jpg  carcassonne4.jpg 
             carcassonne1.jpg     
「カルカッソンヌ」の名物は「カスレ」、フランスの郷土料理で有名ですね。豚肉や羊の肉などと白いんげんを煮込んだものです。ただ今回はカスレを食べるにはあまりにも暑すぎて(冬に食べたくなるお料理です)、時間もかかるお料理だったので断念しました。残念。
乾燥して暑いので行く先々で昼間からきりりと冷やしたワインやビールが飲みたくなります。  

カスレは食べられませんでしたが「クロックムッシュ(写真はありません)」と「鴨のコンフィ」をいただきました。鴨は日本で食べるより大きくてびっくりしました。皮がパリッ、中はジューシーで美味しい。お店の方も親切で嬉しかったです。またフランスでの食事の付け合せのパン、もちろんバゲットに関してはどのお店もレベルが高いと思います。とても美味しくてパクパク、パンだけでもいいくらい?です。
 
                                 
carcassonne9.jpg carcassonne7.jpg    
    carcassonne8.jpg    
関連記事

アルル…ゴッホの跳ね橋

ゴッホの跳ね橋(アルルのラングロワ橋)の絵は有名ですが、ゴッホの描いたものは第2次世界大戦で消滅してしまいました。

フランス、アルルでは復元した跳ね橋を見ました。のどかな場所で地元の子供たちが水着で跳ね橋の横でドボンドボンと川に飛び込んで遊んでいました!ワイルドでした。

あの本物の絵と同じように橋は静かにたたずんでいました。

    van gogh bridge
arles1.jpg arles2.jpg

france3.jpg camembert.jpg
アイビーに囲まれたホテル(左) 右は日本でもお馴染みのカマンベール、部屋飲み用に購入。(ちょっと大きめ、でもさすがに安いです)

下はフランスの朝ごはん。パン、クレープにプルーンのジャム、ハム、カフェオレ、フルーツのコンポート、ヨーグルト。
パン、乳製品、ハムはどこでも美味しかったです。素材が違うのかな。ジャムも蜂蜜も美味しいものが多いです。
サラダ系はどのホテルでも見当たらず丸ごとそのままのトマトがごろごろ盛ってあったりするだけでした。野菜不足はキツイですね。

   france2.jpg
    手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

8月の「グリッシーニ」のレッスン

 今日は2つ目のブログをアップです。8月の「グリッシーニ」のレッスンは嬉しい小菓子のデモストレーション+レシピ+お土産が付きます。
みなさまお菓子が気になるところですね。お菓子の方は「ビスコッティ」です。

グリッシーニ、ビスコッティ共にイタリアのパン、お菓子です。

今回のビスコッティは大好きな組み合わせ、「オランジェとショコラのビスコッティ」となります。
コーヒーにも紅茶にもとても合う上、ラッピングしてちょっとしたプレゼントにも良いと思います。

さてグリッシーニ、手順は簡単なのですがとても奥深く、今回は真夏に作る為に再度焼き時間の確認やその他の再確認をしております。

今週は腰の痛みで出歩くのを控えていましたのでずっとこの調整の為に試作を繰り返していました。
たくさん作りすぎてちょっと食べ飽きた感が否めません…。でも生ハムを巻いて食べるのが最高です。止まりませんよ。

「グリッシーニ」もご予約お待ちしております!

grissuni.jpg
 biscotti.jpg
   france1.jpg      
フランスでバスで移動中のサービスエリア。美味しそうなパンが並びます。
   france.jpg
   手作りパン教室「Petit  Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

あせらずに。

今月も半ば過ぎましたね。早くも9月のレッスンのご予約のお問い合わせがちらほら来ております。ありがとうございます。
9月スケジュールを調整できしだい返信いたしますので少々おまちくださいませ。

時折レッスンにて生徒様より「すみませーん、全然家でパン作っていませ~ん。」や「「やろうという気持ちはあるんですが、なんか忙しくて気持ちばかりでやれてません~。」という声を聞きます。特にお子さんが小さい方に多いです。

毎日お仕事があったり、まだお子さんが小さかったり、お道具も揃っていなかったり。それでなくても誰だって毎日やること、やらなくてはいけないことってたくさんありますよね。

パンはやはりお時間に余裕がある時に作るのがおすすめです。

焦って作ろうとすると計量を間違ってしまったり、うっかり発酵時間を過ぎてしまったり失敗にもつながります。
作り慣れてくるとまた違ってくるとは思いますが。

家族が喜ぶ顔が見たくて作ろうと思うパンが、なんだか途中で中断したりでイライラして作る時に目が三角で殺気立っていたらちょっと本末転倒です…。

まだ気持ちに余裕がなくて作る時間がない方も、今はコツコツ知識ややり方を覚えているのだと思っていただき、まずは教室で楽しんでくださいね。

私も子供達が小さい時は技術的にもまだまだ未熟で全然余裕がなく、パンを作る時間も勉強する時間もあまり取れませんでした。

自分の時間は無いので子供達を早く寝かせた後に作るか、休日に主人に頼み子供達と遊んでもらっている時間を使いパンに固執せずその時間でできる好きな物を作っていました。

パン作りも(食事作りも)もちろん手作りのものはとても安全ですが、どうしても完璧にそれをしないといけないとか、やらねばならないと思うとかなり負担になってきます。

私の大好きな小林カツ代さんという料理研究家の方が昔、年子の小さいお子さんを抱えてお仕事をしていた時のこと、外ではお料理のお仕事をしていても時間に追われてしまったりして、どうしても仕方ない時は子供たちの夕飯のおかずが一部買ってきたコロッケなどになってしまうこともあったそうです。料理研究家なのに…という目で見られたかも知れませんが、「今日はごめんね、でも明日は絶対に美味しいもの作るからね」と気持ちを切り替えていたそうです。

私も年子の子供たちがいて毎日てんてこ舞いで目が回りそうだったのでこの話には「なるほど~」と少し気持ちが楽になりました。

その時その時の最大限にできることをやれていればいいのでは、目先の時間単位、1日単位ではなく長い年単位のスパンで考えていけば良いのかも…と思います。食事作り(パン作り)は、家族が一緒に暮らしている間は今後ずーっと続いていくものなのです。

そのうちに例えばお子さんがちょっと一人遊びをしてくれるとか、一緒に作れるようになるとか学校に行きだすとか環境も変わっていくはずです。我が家も勝手に兄弟やお友達と遊ぶようになってからはだいぶ違ってきました。

お子さんの事だけではなく、パンもご主人やパートナーと一緒に作ることが出来たらちょっと楽しそうです。

どうかどなたもあせらずに「パン作り」を捉えてみてくださいね。
 lovender1.jpg  lovender.jpg   
先週再度のぎっくり腰になりまして(今回は軽めですが)、レッスン中コルセットをして乗り切りました。ふ~。
生徒様でもなった方、いらっしゃると思いますがクセになりますので冷房を使う時期や台風の時期などもお気を付けくださいませ。

今頃になり先日の旅の疲れかも。飛行機もトランジット…乗り継ぎの上、3か国の移動はほとんどバスを長時間乗っていたためかなり腰に来ました。しかもハードなスケジュールでしたから。普段そんなに出かけないためか体にこたえました!
先日スペイン、バルセロナの写真を載せましたがスペインの後は翌日はすぐ南フランスへ移動しました。

野生のラベンダーが咲き乱れていてふわふわと良い香りでした。また車窓からはゴッホのひまわりと同じひまわり畑が見えました。ひまわりはちょっと日本の物より小ぶりのタイプです。

そこで見つけたラベンダーのサシェ(匂い袋)のお土産をいつも来てくださるお礼に、通常レッスンにご参加の生徒様にお渡ししていま~す。(もう少しだけあります)癒される香りです。

      手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

TAPAS…タパス

暑いですね。急にこう暑いと体調を崩す方も多いのでは。
みなさん気を付けてくださいね。
先日行ったヨーロッパが毎日30~33℃でとても乾燥していました。でも欧米の方は焼けた肌が好きなので帽子もあまり被らないです。
日傘は日本人位しかさしていないので逆に目立ってスリに狙われてしまいますから帽子とストールだけで歩いていたら真っ黒になりました。

日照時間も長く夜の21時位まで明るいと1日が長いのでちょっと疲労します。
6月からスペイン、イタリア、フランスなどは学校が夏休みだそうですので観光しているのは外国人だけという訳ではないようでした。
      tapas.jpg 
左からマッシュルームのガーリックソテー、生ハムの盛り合わせ

         tapas1.jpg 
イカのフリット…薄い衣で揚げてありレモンを絞る。熱々が美味しいです。

スペインのバル(喫茶店&居酒屋)でタパス(小皿料理)を食べてみました。いろんな種類があってどれも日本人好みの味です。
写真にはないですが「スペインのししとうの炒め焼き」(ししとうより大きくてピーマンより小さく味もこの2種類の中間位で辛くない)、「干しタラのコロッケ」、「トルティーリャ(スペインオムレツ)」、「パン・コン・トマテ」も美味です。
揚げ物もオリーブオイルで揚げてあるので軽い食感。

サングリアやスペインのワインでちょっとつまみながら皆でわいわい。現地を良く知る方に案内して頂きました。

「ししとうの炒め焼き」は日本で作るならぜひ京都の「万願寺とうがらし」で!オリーブオイル、刻んだガーリックでじっくり焼き色を付けてソテーして最後に粒の残るタイプの岩塩をふりかけたら良いです。
「パン・コン・トマテ」は残ったバゲットにガーリックをこすり付けて完熟トマトを潰したものとオリーブ油、塩をふればできあがるという簡単さ。
タパスは手軽で家呑みでのおつまみにも良いですね。
 barcelona3.jpg barcelona.jpg
  barcelona2.jpg barcelona5.jpg


   barcelona4.jpg                                    
    手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

チーズ・クルチャです。

こんばんは。Petit Chocolatです。
特別レッスン「ナン」の「チーズ・クルチャ」って??
気になっていらっしゃる方も多いと思いまして写真をアップしますね。
       nan and kurucya 
ナンの生地でチーズをくるんで焼いていきます。
手前の丸い方がチーズ・クルチャ。奥は「ナン」です。
香り良い風味にも秘密がありますので「ナン」と共に「チーズ・クルチャ」をお選びいただいた方はお楽しみに!こちらも激ウマです。

今月はベーシック・レッスンの「カレー&チーズ・オニオン」に「イングリッシュ・マフィン」も飽きない美味しさでおススメですよ~。
まだご予約可能なお日にちが少々ありますのでぜひお待ちしております!

さて来月8月のリクエストでのご予約も入りだしました。

まだ日程はこれからですが先にお休みなどが決まっていらっしゃり、教室にいらっしゃれる日が限定されてしまう方は、どうぞ先にお問い合わせくださいませ。ご都合が合えば先にご予約お取りいたします。

下はピタパン。時間がなかったので急いであるものをはさんで作りました。野菜やチーズ、あとは照り焼きミートボールを作った余りなどなど。
時間に追われてかなりラフに具材を詰め込んでいますので細かいところはご勘弁ください!

ピタパンもたまに気まぐれな子はパカッと膨らまない場合があります。
そういう時は自分で切り込みを入れてポケットを作るのです。
ピタはレッスンには入っていません。あくまでも自宅用のパンなのでした。カジュアルで地味だけど美味しいです。
        pita.jpg 

  手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」

関連記事

スペイン・バルセロナ②

今月のレッスンも始まりまして「ナン」のレッスンまたベーシックレッスンのパンもお陰様でご好評いただいております。
焼き立てパンを召し上がっている皆様の笑顔を見るとこちらも幸せな気持ちになります。

さて先日の旅行の記録の続きで…スペイン・バルセロナといえば「アントニ・ガウディ」。ガウディが埋葬されているサグラダ・ファミリアの他にも彼の建てた建物を2つ巡って来ました。

ガウディがバトリョ氏の家をリフォームした建築物が見学できる「カサ・バトリョ」は日本語のヘッドフォンも貸出しがありとてもわかりやすいです。世界中から観光客が訪れていますので長蛇の列でした。
        casa batollo 
      casa batollo5 
現在の建築ではないのにも関わらず、デザインの斬新さには驚きます。
どんな頭の構造なんだろう!さすが天才といわれる建築家なのでした。
casa batollo1 casa batollo3
手すり、エレベーター、ドア、窓など使い心地、彩光、換気などすべて緻密に計算されているとのことです。
写真にないですが屋上にはガウディ特徴のモザイクがもっと見れます。
casa batollo2casa batollo4

      casa mila
こちらはガウディ設計の実業家ミラ氏の邸宅「カサ・ミラ」。この建物は全く直線部分を持たないそうです。波のような曲線部分の外壁は地中海のイメージだそう。。時間の関係で中に入れず残念でした。
皆さんがよくご存知のディズニーシーのマーメイドラグーンも実はガウディの作品をモデルにしているそうです。知らなかった!です。
paella.jpgcrema catalana
ランチには、魚介のパエリア(エビやムール貝、イカなどが入ります)とカタルーニャ風プリンなどいただきました。美味しかったですよ。一度ダメにしたパエリア鍋…また欲しくなりましたが我慢しました。
スペインで思い出しましたが今月の通常レッスンではご試食の際に「ガスパッチョ」お出ししています。
スペイン、アンダルシア地方の冷たいスープで私も大好きなスープです。

     手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

サグラダ・ファミリア(スペイン:バルセロナ)

7月になりました~。しばしレッスンやご予約業務お休みをいただきました。お休みの間ご迷惑をおかけいたしました。

GWを今頃というかまたは夏休みの前倒しにもなりますが念願の建物めぐりの旅に行ってきました。世界遺産をまわる弾丸ツアーでした。

海外は今まで個人旅行ばかりでしたが今回の旅程は個人で行くにはちょっと大変でしたのでツアー参加になりました。

とにかく暑くて忙しくて歩きまくる旅!個人で行くなら食材と美味しいパン探しもしたかったのですが今回団体行動の関係でなかなかできなくて…残念でしたが旅先で素敵な方々との出会いもありました。楽しかったです。
旅行中見ることができた世界遺産などを少しずつご紹介していきますね。
Sagrada Familia sagrada familia4 
スペイン・バルセロナのカトリック教会、世界遺産「サグラダ・ファミリア」(建築家アントニ・ガウディ)
左は昼間の姿、右は夜のライトアップされた様子。1882年着工でガウディ没後100周年の2026年完成予定だそうです。
133年たった今もまだ建築中とは驚きです。
Sagrada Familia1 Sagrada Familia3 
左はサグラダ・ファミリアの日本人の主任彫刻家の「外尾悦郎氏」が担当した15体の天使の像。生誕の門にあります。
右は内部の様子。天井が高くて本当に明るい内部は圧巻です。
完成後の姿もぜひ見たいものです。
  Sagrada Familia2 
大聖堂内の内部のステンドグラス。しばらく見上げていました。
あまりにも綺麗で壮大なステンドグラス。感動して動けなかったです。
森や自然をイメージしたという明るく彩光があふれる教会です。
     手作りパン教室「Petit Chocolat(プティ・ショコラ)」
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ!

プロフィール

Petit Chocolat

Author:Petit Chocolat
初心者向けの少人数制の小さな手作りパン教室「Petit Chocolat」(プティ・ショコラ)です。
パンを作るのが初めての方でも大丈夫です!ご家庭でも作れるように丁寧なレッスンをいたします。楽しみながら皆さんの「おうちパン」を一緒に作りましょう。
パン教室で講師経験があります。
JPCA認定 「パンコーディネーター」

体験レッスンの日程

10月13日(日)14:40残席あり11月21日(火)14:30残席あり※今後の予定はまたHPでお知らせいたします

カテゴリ

TOP:ごあいさつ[はじめまして] (8)
教室のご案内、アクセス、教室使用の材料について (2)
レッスンについて (1)
レッスンの種類とお写真、料金と年間スケジュール(2017年~) (1)
レッスンご参加の前にお知らせとお願い、Q&A (1)
お子様連れの方へお願い (1)
ご予約方法&「ご予約フォーム」 (1)
講師プロフィール (1)
各月のレッスン・メニュー&スケジュール (1)
特別レッスン(期間限定・不定期) (2)
体験レッスン・手作りパンができるまで (2)
お知らせ(最新はTOPページ) (16)
パン、食べ物、SWEETS、いろいろ (119)
日々のできごと&レッスン風景 (58)
場所 (20)
生徒様より(ご自宅で焼かれたパンのお写真のページ) (2)

Petit Chocolat

最新記事

Gallery

Gallery 2

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

教室メルマガ購読&解除

購読または解除を選び、メールアドレスを入力して送信してください。 メールアドレスに登録または解除の確認メールと直近に発行したメルマガが届きます。届かない場合は「まぐまぐ」のHP内「ヘルプ」欄をご参照の上、再度送信してください。無料です。 ※月末から月初めにHPより一足早くレッスンスケジュール等をお知らせします。

月別アーカイブ

月ごとのブログの内容のチェックはこちらから!

検索フォーム

クスパ

料理教室検索クスパ

クスパ

料理教室検索クスパ

パン教室ナビ

パン教室ナビ

料理教室ナビ

料理教室ナビで教室紹介中!